So-net無料ブログ作成
検索選択

城端へいかんまいけ~2009城端むぎや祭 開催記念オフ&飲み会の記録 [はるばる来たねロケ地巡り(true tears)]

肝心のロケ地探訪記事は全然書けていませんが、その間にも城端へは足を運んでおります。
先日も、9月19日・20日に行われた、「城端むぎや祭」へ行って参りました。
もちろん祭を見学・撮影することも目的だったんですが、この祭一番の目的は、

「2009城端むぎや祭 開催記念オフ&飲み会」

の幹事として、全国からやって来られる
true tearsファンのみなさんと交流することでした。
これまで5度城端を訪問してきた私ですが、同好の士のみなさんと交流したことは
一度もありませんでした。城端駅のコミュニケーションノートには、あんなにたくさんの方の
書き込みがあるのに・・・と内心残念に思っていました。

実は5月5日の城端曳山祭のときに、mixiの舞台探訪コミュで
「祭に参加された方、いっしょに飲みませんか?」という呼びかけをしました。
呼びかけはじめたのが祭の間際だったのもあり、残念ながらお会いできた方は
なかったのですが、多くの方から「参加してみたかった」「また企画してほしい」という
コメントをいただき、ひょっとしたら他のみなさんも交流できる場を求めているのか?
と考えるようになりました。それならば城端のもう一つの大イベント、「むぎや祭」で
オフ会を開催しよう、ということになった次第です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6) 

番外編「true tearsご来城記念ファンイベント」にて [はるばる来たねロケ地巡り(true tears)]

本編開始前に、7月5日に参加した、
「true tearsご来城記念ファンイベント」
のレポを書きたいと思います。

アニメ「true tears」のロケ地を巡るうち、
すっかり魅せられてしまった、富山の美しい風景と、あたたかい人たち。
多くの同じ思いを持ったファンたちが熱望していた、地元城端でのファンイベントが、
ついに実現しました。もうすでに多くの方々がレポをアップされていますが、
私も参加できた幸運な人間の一人として、イベントの様子や感想を書かせていただきます。
またこのイベントが、再び全国のtrue tearsファンの活動を呼び起こすことになり、
むぎや祭への多くのファンの参加、東京でのパネル展開催にも
つながったのではないでしょうか。

*以下、イベント当日に書いたテキストを中心に掲載します(斜線部分)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年7月4日(土)
京都駅 23:20発 夜行高速バス「北陸ドリーム号」(車中泊)
今週半ばまでの猛暑もおさまり、仕事もどうにか一段落して無事に出発。
車内は満員。相変わらずの旧型シートでしたが、昼寝を我慢して乗ったおかげで、
多賀IC~金沢まで熟睡できました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「2009城端むぎや祭 開催記念オフ&飲み会」のお知らせ [はるばる来たねロケ地巡り(true tears)]

*詳細決定しました!

mixiの「true tearsの舞台城端に行こう」コミュでもすでに告知していますが、
mixiのアカウントをお持ちでない方でも参加できるよう、こちらのページでも
告知させていただきます。ぜひ参加表明をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009-05-11-01.jpg

京都在住のtankと申します。
富山には縁もゆかりもない者ですが、TVアニメtrue tears」を観て以来、
劇中で描かれた美しい風景に心ひかれ、昨年4月のしだれ桜祭以来、
城端訪問を続けています。しかしまだ他のファンの方とお会いする機会がなく、
情報交換などもしながら、交流できる機会が持ちたいなあと思いました。

そこで今年9月19日(土曜日)・20日(日曜日)に開催される、
「城端むぎや祭」開催を記念して、オフ&飲み会を催したいと思います。

オフ会&飲み会の詳細はこちら


nice!(0)  コメント(6) 

君の涙を~true tears 美しき富山の風景に魅せられて(序章) [はるばる来たねロケ地巡り(true tears)]

みなさんはtrue tearsというアニメをご存じですか?
2008年1月~3月まで、東名阪と一部の地域、CS・BSデジタルで放送され、
DVDも発売されましたが、大きな話題になることはなく、他の多くの深夜アニメと同じく、
時とともに忘れられていく運命にあるかと思われていました。

PDVD_005.jpg

私も関西テレビで放映されていたのを知らず、後からDVDを購入して観ました。
購入のきっかけになったのは、あるネットニュースの記事でした。

富山県南砺市を舞台にしたアニメ じわじわ人気」
「ファンが全国から訪問 駅に訪問ノートも設置」

富山県が舞台なんて珍しいなあと思い、よく読むと
制作会社のピーエーワークスの本社が、南砺市の城端にあるとのこと。
「城端」と言えば、鉄オタなら城端線の終着駅として、よく知っています。
私も以前、一度だけ訪れたことがありましたが、そのときは駅で30分ほど過ごし、
そのまま折り返しの列車に乗って帰っただけだったと思います。

アニメの影響は富山県内にじわじわとひろがり、
ついには予定されていなかった、富山県内でのテレビ放送が実現。
まちおこしに存分に利用された「らき☆すた」の埼玉県鷲宮町などと違い、
あまり大きな動きを見せていなかった地元南砺市も、
この放送に合わせるようにさまざまな取り組みをはじめられました。
その第1弾とも呼べる、「城端しだれ桜まつり」に参加したことが、
私の「true tears」ロケ地巡りの旅のスタートとなりました。

2009-05-09-10.jpg

それ以降、合計6回(2009年5月現在)の訪問を重ね、
今ではすっかり城端や富山県内各地の風景に魅せられてしまいました。
私の住む京都からJRの特急を使えば、3時間あまりと比較的近いのも、
よく足が向く要因かもしれません(東京方面の方は本当にご苦労様です)。
忙しい仕事の合間に、息抜きで富山各地の風景を観に行くのが、
最近の楽しみになっています。

2008年4月からはじめたロケ地巡りも、1年が経過し、
ようやく公開できるメドが立ちました。時系列順に紹介していきますので、
ぜひご覧になっていってください。

①2008年4月12日~城端しだれ桜まつり、高岡市内訪問
2009-05-09-02.jpg
城端では初の作品イベント、「true tears パネル展」を見学しました。


②2008年7月26日~氷見市訪問
2009-05-09-03.jpg
ヒロイン二人の名前の由来と言われている、「比美乃絵大橋」を渡ってきました。


③2008年7月27日~城端再訪、石動駅訪問
2009-05-09-04.jpg
城端を突如襲った大水害の前日に、たまたま訪問していました。


④2008年9月13日~城端むぎや祭訪問
2009-05-09-05.jpg
大水害で一時開催が危ぶまれたむぎや祭。無事開催され堪能できました。


⑤2009年1月11日~氷見市再訪
2009-05-09-06.jpg
7月に自転車で回った氷見のロケ地へ、七尾からバスを乗り継いで訪問しました。
最終話のバス停をじっくり撮影。


⑥2009年1月12日~大雪の城端
2009-05-09-07.jpg
当日朝から突然の豪雪に。北国ということをあらためて実感させられました。


⑦2009年3月30日~寝台特急「北陸」でちょっとだけ雨晴駅へ
2009-05-10-01.jpg
東北旅行からの帰路、ちょっとだけ雨晴海岸へ。


⑧2009年5月5日~城端曳山祭訪問
2009-05-09-08.jpg
300年近い歴史を誇る、城端の伝統行事を楽しみました。


⑨2009年5月6日~高岡市内再訪
2009-05-09-09.jpg
あいにくの空模様でしたが、高岡古城公園を散策してきました。


nice!(0)  コメント(0) 

「羽後町は萌えているか」~第2回かがり美少女イラストコンテスト参加記(後編) [歩いて撮ろう(イベント編)]

長らくお待たせいたしました。
「第2回かがり美少女イラストコンテストレポ後編です。

盆踊り会館と木村屋さんで買った、29箱のスティックポスター(笑)を抱え、
この日の宿「かがり火荘」さんへ投宿。
イベントの参加者がやってくる頃合いだったのか、忙しそうな宿の皆さん。
私の名前を告げると、

「・・・・・!?」

という顔をされてしまいました。1か月前に電話で予約した旨伝えましたが、
どうも手続きの途中で私の名前が消えてしまったようで・・・。 

2008-07-21-27.jpg
はじめはハプニング続きでしたが、良いお宿でした

「今日は野宿か?」と途方に暮れかけましたが、

「相部屋でよければ・・・」

と言われ、2階の大きな部屋に泊まることに。
ラーメン屋で相席を頼まれたことはありますが、民宿で頼まれるのはもちろん初めて(笑)。
幸い同室の方がイベント参加者で、すぐにうち解けられました(その後無断キャンセルが
出たとのことで、別の部屋に移ることが出来ました)。

2008-07-13-63.jpg
のんびりとした西馬音内の大通、この日は歩行者天国になっていました

せっかくお知り合いになれたので、同室の方と連れだってイベントに向かうことに。
西又葵さんのトークショーまでにはまだまだ時間がありましたが、
夜店もたくさん出ているし、いろいろイベントもあるそうなので、街並みを撮影しながら会場へ。

2008-07-13-44.jpg
街のあちこちにスティックポスターが(イベントを盛り上げるため、事前配布されていたそうです)、
「奈良漬あります」の看板の隣や、缶詰の棚に貼られている様子がローカルで良いですね
 

 

かがり火のように萌えあがるイベント フィナーレはこちら


nice!(0)  コメント(0) 

「羽後町は萌えているか」~第2回かがり美少女イラストコンテスト参加記(前編) [歩いて撮ろう(イベント編)]

10月になりましたが、家族サービスに勤しんだり、コミケに初参加したり、
仕事で深夜残業が続いたり・・・とブログを更新する時間が
まったくとれませんでした。過去ログを見たら、前の記事が7月13日(驚)
この間あちこち出かけているので、素材は溜まりに溜まっているのですが。

2008-07-13-10.jpg
日付が変わった頃、京都駅を急行「きたぐに」で出発

6月27日深夜、仕事を終えたその足で、秋田県羽後町への旅路につきました。
今回選んだ交通手段は鉄道。まあいつもこればかり選んでいるという意見も
聞きますが(笑)。朝に飛行機で出発してもよかったんですが、個人的に苦手なのと、
安いチケットだと変更や払戻に制限があるので、どうも好きになれません。

2008-07-13-11.jpg
昔ながらの赤いカーテンがひかれたB寝台の車内

秋田まで直通している、寝台特急「日本海」を使いたかったんですが、
京都を出るのが18時過ぎと早すぎて使えませんでした。
3月までは20時過ぎに出る「日本海3号」があって便利だったんですが。
来年参加するときは、休みを取って「日本海」に乗りたいですね。

というわけで、今回は新潟まで急行「きたぐに」を利用。
新潟からは細かく乗り継ぎ、羽後町を目指します。15時間あまりの長旅ですが、
未体験のイベントに期待をふくらませながら、早々に眠りにつきました。

2008-07-13-13.jpg
夜行列車のお供はやっぱりこれですね

 

萌えあがる(笑)羽後町の様子はこちら


nice!(0)  コメント(0) 

梅雨の「秒速5センチメートル」ロケ地補完計画 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]

桜の時期に続いて、再び東京へ行くことが出来たので、
「秒速5センチメートル」未訪問ロケ地へ行って参りました。
と言っても、主要なロケ地はほぼ行き尽くしてしまったので、
今回は本編にほんの一部登場したシーンが中心となりました。どうぞご覧ください。

2008-07-13-02.jpg
防衛省があることで有名な、中央線の市ヶ谷駅で下車

羽後町で行われた「かがり美少女イラストコンテスト」からの帰路、
山形新幹線で東京に着いた後、実家のある高円寺まで、途中下車しながらロケ地を撮影。
まずは市ヶ谷駅から。小雨の降る中でしたが、ここのロケ地は駅からすぐ近くなので、
傘も差さずにサクッと撮影。当時洞爺湖サミット前で厳戒態勢(本当にあちこちに制服警官の
姿が見られました)だったのと、近くに防衛省があるので、カメラを持っていて怪しまれないか
ビクビクしながらの撮影でした。
どうしても夜に撮りたかったので。

2008-07-13-01.jpg
第3話「秒速5センチメートル」の山崎まさよしPV中で登場しました(1秒もないかも)、
他のロケ地を探している中で偶然知りました

2008-07-13-01s.jpg

続きを読む


nice!(2)  コメント(1) 

これから羽後町に行ってきます [歩いて撮ろう]

1か月ぶりの更新です。
アップしたいロケ地の記事もあるんですが、なかなかめどが立ちません。
そんな中、やっと休みがとれたので、これからあるイベントに行って参ります。

「第2回かがり美少女イラストコンテスト」

一部で話題になっていますので、ご存じの方もおられるかもしれません。
昨年より秋田県の羽後町というところで開催され、著名なゲームアニメイラストレーターさんも
参加され、注目を集めています。今年はこのイベントのためにオリジナルの「スティックポスター」も発売され、
東北好き、旅行好きの私は何とかスケジュールを調整し、参加することにしました。

2008-06-27-01.jpg

今夜これから、急行「きたぐに」新潟まで向かい、
そこから羽越本線→陸羽西線→奥羽本線と乗り継いで湯沢まで行きます。
そこからさらにバスで30分あまり、ようやく羽後町に着きます。
イベントは夕方開始、終了時刻の頃にはバスもなくなっているので、町内に宿泊必須です。
明日は県外からのお客さんで、宿はさぞかし潤うでしょうね。
最近「らき☆すた」と鷲宮町のコラボなど、地方とオタク文化の協調が注目されています。
どんなイベントになるのか楽しみですね。また、そばが名物らしいので、イベント翌日は
お腹いっぱい食べて帰りたいと思います。

そのあとは新幹線を乗り継ぎ、東京に立ち寄ったあと京都へ戻ります。
この様子は、熱気が冷めないうちにアップしたいと思うのですが・・・どうなるやら。
とりあえず行って参ります。


nice!(0)  コメント(0) 

閉鎖空間はあの山の上に その6(補完編)~神戸ハーバーランド [はるばる来たねロケ地巡り(涼宮ハルヒの憂鬱編)]

GWでたまった素材をアップしようかと思っていましたが、
結局家族サービスやら、サッカー観戦やらで終わってしまいました。
まあ、予想通りというか、何というか・・・。

そのサッカー観戦で神戸に行ったので、「涼宮ハルヒの憂鬱」のロケ地で
撮り漏れていた場所の撮影に行ってきました。
今回は「スルッとKANSAI 3daysチケット」という、
関西の主要私鉄に乗り放題のきっぷを使いました。
3日分で5000円、この時点で2日分残っていたので、3000円分以上乗らないと
元が取れません
(貧しいのでそんな発想しか・・・)。
この機会に、兵庫方面の未乗車私鉄にも乗ることにしました。

2008-05-09-01.jpg
ホームズスタジアム神戸での試合後、新長田駅前で食べた、名物の「そばめし」
冷凍食品では食べたことがありましたが、鉄板で焼いたのははじめて、
すごく美味しかったですが、すじ焼きも食べたあとだったので、お腹がパンパンになりました

2008-05-09-02.jpg
団地(震災復興住宅だと思います)の狭間にひっそりたたずむお店、
13年前の震災で、このあたりは一面焼け野原になりました、ボランティアで行った
神戸の悲惨な光景は今でも忘れられません

ナイターの試合が終わったのは夜9時。いつもなら京都への終電にも十分間に合う時間ですが、
あえて三宮のカプセルホテルに宿泊。ぐっすり休んで、次の日は朝から神戸のロケ地撮影に。


2008-05-09-04.jpg

この日は朝から雲一つ無い快晴。
三宮駅の北側にあるカプセルホテルから、地下鉄海岸線の三宮・花時計前駅へと向かいます。
そこから3駅先のハーバーランド駅で降り、いざ「ハルヒ」のロケ地へ。

2008-05-09-05.jpg
純白の変わった形の橋、「はねっこ橋」というそうです、名前の由来は後ほど

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

春の「秒速5センチメートル」ロケ地補完計画 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]

3月の最後の土日、真綾さんのイベントに参加するため、
1泊2日で訪れた東京。時間が取れず、往復とも新幹線という散財を強いられたので、
何か一つでもイベントを重ねられたら、と考えた結果、この時期しか撮影できない、
参宮橋の桜の木を撮りに行くことにしました。

2008-04-22-01.jpg
まだ6分咲きと言ったところでした

およそ半年ぶりの参宮橋公園。
朝に実家を出るのが遅れたため、イベントの開演時間が迫っていました。
おかげで、急いで撮影を済ませる羽目になりました。

2008-04-22-05.jpg

秒速5センチメートルで舞い落ちる桜はこちら


nice!(2)  コメント(3) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。