So-net無料ブログ作成

大きな満月の夜に~夜行急行「能登」最後の旅路 [歩いて撮ろう(鉄道編)]

さる1月30日、私は富山駅から、1本の列車に乗り込みました。
その列車は、私が生まれる前から、北陸と東京を結んできました。

その名は、急行「能登」。

2010-01-31-26.jpg

1975年の愛称誕生以来、車両や経由路線を変更しながらも、
途切れることなく走り続けてきた「能登」。
しかしその歴史も、今年3月12日のダイヤ改正を持って、終わりを告げます。

日本にたった3本だけ走る、急行列車の一つ、「能登」。
私はこれまで利用する機会に恵まれませんでした。
城端をたびたび訪れるようになってからも、関西在住ゆえ、
わざわざ東京まわりで乗車するわけにもいかず。
また同じルートを走る寝台特急「北陸」の寝台車の方が
ラクなので、東京→富山→京都のルートを選んだときも、
「能登」を利用することはありませんでした。

廃止の報を聞き、「乗っておかねば」という衝動にかられました。
ちょうど1週間後の土日が空いていたので、さっそくきっぷを手配。
富山から上野まで、7時間4分の旅路についたのでした。

2010-01-31-01.jpg

京都から、東海道本線→高山本線と乗り継ぎ、富山に着いたのが20時半。
出発前に富山駅近くの立ち飲み屋でほろ酔い気分に。
でもこれは景気づけの一杯。ちゃんと車内で飲むお酒も準備していました。

2010-01-31-02.jpg
富山駅では、今でも多くの夜行列車が行き交います

2010-01-31-03.jpg

関西にくらべると、やっぱり寒い富山の夜。
しかし、さいわいこの週はあたたかく、雪に降られることもありませんでした。
年末年始の大雪のとき、「能登」は運休続き。ちゃんと運行されるか
気をもんでいましたが、何とか乗車することができました。

2010-01-31-04.jpg
23時ちょうど、ボンネット車特有の3つのヘッドライトをまたたかせ、「能登」入線

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

年明け早々実にめでたい! [true tearsのある風景]

みなさま、あけましておめでとうございます。

私は年末の「けいおん!」ライブ、
妻帯者ゆえの公式行事(あいさつまわり、大そうじなど・・・)などで、
あっという間にお正月休みを終えてしまいました。
本当は、「true tears」のロケ地訪問記事を少しでもアップしたかったんですが、
その辺は追々、ということになりそうです。

さて、12月21日から入金受付がはじまっていた、
「true tears ブルーレイBOX」ですが、本日公式サイトが更新され、

「入金2000個突破! ありがとう!!」

という表示が追加されました。無事第二関門を突破です!!!
昨年8月のファン投票から長い道のりを経て、ようやく発売が決定したわけです。
私も「ブルーレイ再生機器を持っていない」という絶望的な(笑)状況の中、
ボーナスのお小遣いから、ささやかながら1セット購入させていただきました。

「1人1セット、現金購入のみ」

という、ある意味ファンの意気込みを試す販売方法。
本当に規定数に達するのか、不安が募りましたが、ttファンは見事クリアしました。
テレビ放映開始からちょうど2年、そして私がロケ地訪問を始めてから1年8か月。
こんなに長い期間、「true tears」という作品を楽しむことができ、
さらに高画質で作品を楽しむことができるようになるとは。感無量です。


あとは、入金件数が増えていけば、さらなる特典追加もあるとか。
非常に楽しみですが、私はなんと言っても、主人公たちのその後のエピソードを描いた、
特典映像に注目しています。元旦に更新されたブログでも、脚本の岡田磨里さんが、

「そこには、私がいちばん、観たかったシーンがあったんです。」

と書かれている、特典映像の絵コンテ。
いったいどんな映像になるのか、楽しみでたまりません。

あとはブルーレイ再生機器を手にいれるだけ(オイ)の私ですが、
次の3連休のうち二日(1/9、10)を使って、9月のむぎや祭以来の城端訪問に出かけます。
今回は年末の「けいおん!」ライブで金を使い果たしたため、往復とも青春18きっぷ。
でも横浜からの乗り継ぎに比べれば、座席はクロスシートだし、車窓は変化に富んでるし、
距離は近いし、どんとこいです(笑)。
1日目は氷見線沿線のロケ地を巡り、島尾駅近くの民宿で寒ブリを堪能。
2日目は雪の城端を撮影したいと思います。二日とも雪の予報。吹雪にならなければいいんですが。

みなさま、今年もなかなか更新はできませんが、当ブログをよろしくお願いします。

2010-01-04-01.jpg
去年東京から、寝台特急「北陸」に乗って降り立った、雨晴海岸。


bn_half2.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

このページをご覧いただくみなさまへ [ごあいさつ]

当ページにおこしいただき、誠にありがとうございます。
ロケ地巡りの記事をメインに、徐々にカテゴリーが増えてきましたので、
作品別のショートカットページを作成しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎「true tears」(2008年放映、ピーエーワークス制作)
*未完結、訪問続行中

富山県の小京都・城端を舞台に、富山のアニメ職人達の凄まじいまでの
執念がつくりあげた名作です。私もその思いと、現地の方々のあたたかさに魅せられ、
これまでに7回訪問。近々アップ予定です。
*城端での様子、ニュースなどはこちらで随時公開しています
DSCN9701.JPG
今や貴重品の地元作成ポスター、地元の方はささやかにこの作品を愛しておられます


◎「雲のむこう、約束の場所」(2004年公開作品、新海誠監督)
*完結

青森県・津軽地方、東京都内を中心に、2007年夏に集中訪問しました。
アニメから離れていた時期に劇場で観て、アニメ熱復活のきっかけになった作品です。
DSCN7232.JPG
津軽線のキハ40も登場しますよ


◎「秒速5センチメートル」(2007年公開、新海誠監督)
*一応完結、随時補完中

東京都内、栃木県内、種子島を2007年から訪問。
現在も東京方面に出かけ、時間があれば少しずつ訪問を続けています。
私がはじめて「ロケ地巡り」し、もっとも訪問回数の多い作品でもあります。
DSCN9074.JPG
種子島名物・ヨーグルッペとデーリィコーヒー


◎「涼宮ハルヒの憂鬱」(2006年放映、京都アニメーション制作)
*完結(多忙につき訪問断念)


西宮市内、尼崎市内、大阪市内を2007年~2008年にかけて訪問。
私の住む京都から近いという好条件をいかして、何度も足を運んだものです。
ネット上でのロケ地巡りブーム(私は「聖地巡礼」という言葉があまり好きではないので、
あえてこう呼んでいます)に火をつけたと言える作品です。
DSCN6427.JPG
喫茶「ドリーム」で美味しい珈琲をどうぞ


◎「らき☆すた」(2007年放映、京都アニメーション制作)
*完結

2007年末に行われた、鷲宮神社でのイベント「ブランチ&公式参拝in鷲宮」を見学。
各種マスコミで大々的に取り上げられ、ロケ地巡りを一大産業にまでしてしまいました。
現在ではすっかり観光地化してしまったとも聞いているので、もう行くことはないかな。
劇中でちらっと登場した、私の地元・宇治の風景は今でも撮影中。
京都アニメーションは宇治市の誇りです。
DSCN8913.JPG
この頃は鷲宮商工会もささやかなものでしたが・・・



◎「sola」(2007年放映、ノーマッド制作)
*完結

2007年夏に、ヨメを「観光に行く」と連れだし、旅費を出してもらって訪問。
ロケ地巡りでは、壱にも弐にも先立つものが必要なのです・・・。妻帯者にはつらいです。
おりしも雨に濡れる長崎市内を撮影することができました。
今はなき、寝台特急「なは・あかつき」の乗車記もあわせてご覧ください。
DSCN6088.JPG
長崎名物・眼鏡橋も登場、普通の観光と偽ってもバレないコースです(笑)


今アップできているのは以上の作品です。
他にもヒマと金を見つけては、いろんな作品のロケ地巡りをしていますが、
いかんせんアップするヒマがありません。一応アップ予定の作品達も紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎「けいおん!」(2009年放映、京都アニメーション制作)

OPとEDがそろってオリコンベスト5入りと、2009年アニメ界の話題を独占した作品。
「ハルヒ」「らき☆すた」の京都アニメーション制作とあって、ロケ地巡り好きの
心をくすぐるシーンがたくさん登場します。私の家からバイクで行ける範囲に
ロケ地が点在しているため、京都市内を中心に鋭意撮影中です。おたのしみに。
DSCN0638s.jpg
私も学生時代にはよく行ったお店も登場


◎「かんなぎ」(2008年放映、A-1 Pictures制作)

その京都アニメーションを「らき☆すた」でクビになった、ヤマカンこと山本寛監督が、
捲土重来を期して世に放った作品。秀逸なOPで心をわしづかみにされました。
原作者の武梨りえさんの出身地、宮城県(仙台市、七ヶ浜町など)にロケ地が点在。
遠いのでなかなか行けずに苦労しております。
DSC_0039.JPG
仙石線に揺られてのんびり巡ってきました


◎「かみちゅ!」(2005年放映、ブレインズ・ベース制作)

ロケ地巡りのファンから人気が再燃したと言ってもいい作品。
数多くの映画のロケ地にもなった、広島県尾道市を舞台にしています。
2007年の夏~秋にかけて訪問しましたが、ボリュームたっぷりでいまだに
アップできていません。まあ名作だからゆっくりとアップしてもいいよね(笑)。
DSCN8071.JPG
バスマニアにはたまらないらしい、尾道市営バス


◎信濃毎日放送 TVCM(2007年より放映、新海誠監督)

2008年夏のコミケに行く途中に立ち寄りました。
新海監督の故郷、長野県北佐久郡小海町が舞台になっています。
現在も放映中らしいので、これもゆっくりでいいよね?(バカ)
DSC_0069.JPG
JR東日本のハイブリッド気動車が登場、なかなかの人気者でした


こんな記事を書く前に、早くたまった記事をアップしろとの批判もおありかと
思いますが、何しろ仕事が忙しく、なかなか時間がとれません。
順次アップしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

城端慕情~ブルーレイBOX発売「ほぼ」決定によせて [true tearsのある風景]

16日で予約受付が終了(つながらなかった方のために、21日まで延長したそうですが・・・)した、
「true tears ブルーレイBOX」。
無事「予約2000枚以上」の第一関門は突破できました。

しかしまだ完全に発売が決まったわけではありません。
発売の条件はあくまで、「予約入金2000枚以上」です。

予約申し込みした人、必ず入金しましょうね。

2009-12-19-01.jpg

京都も今週に入り、底冷えのする毎日です。

さすがに私の住む南部では雪は降りませんが、城端は雪景色でしょうね。
むぎや祭以来足を運べていませんので、そろそろ「城端行きたい症候群」が発病しそうです(笑)
でも年末は忘年会2連発+「けいおん!LIVEイベント レッツゴー!」(横浜アリーナ)+コミケ最終日という
フルコースメニューなので、無理そうです。1月10日あたりで、正月疲れを癒しに行きましょうか。

今年も残すところ、あと2週間を切りました。みなさんどうぞお疲れが出ませんように。

bn_half2.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

勝ちとれ2000枚 ついにtrue tears ブルーレイBOX予約受付開始 [true tearsのある風景]

もうあちこちのサイト、某巨大掲示板などで話題になってますね。
バンダイビジュアルのHPで、10日からついに予約受付が始まりました。
8月にBDA(ブルーレイディスクアソシエーション)のサイトの、

「ブルーレイ化してほしいアニメタイトル」投票で、

ゼーガペインと歴史に残る戦いを繰り広げ、接戦の末に勝ちとった1位の座。
私は忙しくて2~3回しか投票できませんでしたが、手に汗握ったのを覚えています。

その後DVD発売元のバンダイビジュアルへ発売要請がなされ、
ついに正式発表となりました。

>true tears Blu-ray BOX
>※完全予約受注生産品 価格24,990円

実は私、ブルーレイの再生機を持ってません(笑)。
BD画質の「true tears」は、7月にじょうはな座で運良く観られましたが、
自宅のテレビで何としても観たいなあ。
タイミング良く(?)、ウチのDVDレコーダーが不調。
ただボーナスが去年より減ったので、、
ブルーレイレコーダーへの買い換えは難しいかな。
安い再生機を探すことになりそうです。


>■封入特典 64Pブックレット(新規インタビューほか)
>■映像特典(予定)
>・新作映像(約3分)最終話終了後のエピローグ、主人公たちのその後を描く
>・true tears 舞台紹介映像(約20分) 2008年2月富山取材時の映像。

新規インタビューは、キャストのみなさん(特に7月のイベントに参加された方)の、
作品への思いなどぜひ読んでみたい。放送後+DVD化を経てもなお、
これだけの人々に愛され続ける作品の源流が見られそうです。
そして念願の新作映像! ドラマCDでは、3人のヒロインのその後が
くわしく描かれましたが、その映像化という形になるのか、それともその先の
エピソードになるのか、このBOXの目玉ですね。
*最終話が「ディレクターズカット版」として、新作映像追加バージョンになるそうです。

あとはロケ地探訪ファンには嬉しい、舞台紹介映像も。
7月のイベントの模様が収録されなかったのは残念ですが、
城端の魅力を全国に発信してほしいです。

>2010年3月26日発売予定
>申込期間11月10日~12月16日
>入金期間12月21日~1月6日
※完全予約限定生産品なので申し込みが未達成の場合は製作いたしません
※予約入金2000枚以上で製作決定

年末の資金繰りが厳しいときですが、何とか工面したいです。
2000枚に達しない、という最悪の事態だけは避けたいので。
ファンの声にこたえ、なおかつ声をあげたファンの行動を求める、
新しい作品発売のスタイル。「true tears」がその先駆けとして
選ばれた以上、責任は重いと思います。


2009-11-11-01.jpg

私はこの作品、そして城端へのロケ地訪問で、
多くの大切なものを得ました。それはかけがえのないものです。
その思いを形にして残したい。
来年の曳山祭は、「ブルーレイBOX発売記念オフ会」をぜひ開催したいです。

ファンの皆さん、苦しい道のりですが、ぜひ実現させましょう。

bn_half.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あいちゃん焼きは「整理番号27番」 [true tearsのある風景]

2009-11-15-03.jpg
会場では目玉企画として、劇中に登場した「あいちゃん焼き」(今川焼き)を再現して販売していました。
ご覧の通りその場で焼く方式だったため、あっという間に在庫切れ。私も整理券を渡され、
「1時間ぐらいしたらまた来てね~」と言われました(笑)。のんびりしてていいなあ。

2009-11-15-02.jpg
無事ゲットしたあいちゃん焼き。
このマーク入りの今川焼きは、これ以降どこでも販売されていません。

写真撮っておいてよかったです。味は・・・普通の今川焼きとして美味しくいただきましたよ。

bn_half.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

そこにある風景~城端でのパネル展 [true tearsのある風景]

2009-11-15-01.jpg

中には劇中のカットとともに、モデルになった実在の建物の写真が添えられていました。
生放送はチェックしておらず、この時点では全話観られていなかった、「true tears」。
和服姿の比呂美はいつ出てくるんだろう・・・と胸躍らせたものです(笑)。

bn_half.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

城端三人娘のお出迎え [true tearsのある風景]


2009-09-29-07.jpg

「パネル展」なるものに初めて参加したこの日。
城端駅から歩いて10分ほどの会場入り口で、いきなりのお出迎え。
当時は和のテイストあふれる街並みとのギャップに、「大丈夫か?」と心配したもんです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2009むぎや祭 ベストショット集 [はるばる来たねロケ地巡り(true tears)]

2009-09-24-03.jpg
和服の後ろ姿のうなじは色っぽいですね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

すべてはここから始まった [true tearsのある風景]

2009-09-24-01.jpg

2008年4月12日、12時49分。
城端しだれ桜まつり「true tearsパネル展」に参加するため、何年かぶりに降り立った城端駅。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。