So-net無料ブログ作成
はるばる来たねロケ地巡り(らき☆すた編) ブログトップ

生で「おはらっき~!」を聞けた 「らき☆すた」のブランチ&公式参拝in鷲宮 訪問記 [はるばる来たねロケ地巡り(らき☆すた編)]

「銀河」乗車を終え、都内に住む両親の家に荷物を置いて横浜へ。
そのあと浦和レッズ・横浜の悲劇を目撃したわけですが、それは
軽く省略ということで・・・(泣)。

傷心のまま渋谷で酔いつぶれ、何とか両親宅に帰り着いた翌日。
東京から乗車する寝台特急「はやぶさ」の出発までは、まだ時間があります。
京都を出発する前に、どこか行くところがないか調べていたら、
ちょうど12月2日にありましたありました。


赤羽駅で最新型お召し電車(団体列車にも使うそうです)E655系が通過していきました

~「らき☆すた」のブランチ&公式参拝in鷲宮~

知らない方には、本当に何のことかさっぱりわからない行事ですね(笑)
「らき☆すた」をご存じの方は多いとは思いますが、私の好きな「涼宮ハルヒの憂鬱」で
アニメ界を席巻した京都アニメーションが、角川書店と再びタッグを組み、
月刊「コンプティーク」などに連載中の4コマ漫画を、アニメ化した作品です。


久喜まで宇都宮線に乗車、ここで乗り換えです

放映開始当初は、監督が急きょ降板したり、「ハルヒの二番煎じ」などと
前途が危ぶまれた「らき☆すた」ですが、中盤以降オリジナルストーリーで
テコ入れしたり、CDやラジオなどとも連動させ、2クールを走りきりました。
私はリアルタイムで観られなかったので、
レンタルでストーリーを追っている最中です(いつも貸し出し中ですが・・・)。


劇中でも「糖武鉄道」(笑)で登場している、東武伊勢崎線に乗り換えます

全部見終わったわけではないので、
本作への私の評価はまだ定まってはいませんが、
「2007年の最高傑作アニメ」との評価も多く聞かれる「らき☆すた」。
その中で登場する、二卵性双生児の人気キャラ、
柊かがみ&つかさの実家が、今回のイベントのある鷲宮神社
モデルにしています(オープニングシーンなどに登場)。


久喜から一駅乗ると、もう鷲宮駅に到着

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
はるばる来たねロケ地巡り(らき☆すた編) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。