So-net無料ブログ作成
検索選択
はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル) ブログトップ
- | 次の10件

夏のマンガ祭り三本立て その5~「秒速」ロケ地補完計画 序の巻 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]

なんか思いっきりパクリ放題タイトルですが(私は今週末観に行きます)、
気にしないでください(笑)。
4月に行った最初のレポの補完であることには、違いありませんので。

高崎5:25発の両毛線・小山行きに乗車。
115系を期待したのですが、今回は残念ながらロングシートの107系。
ロングシートはもういいです(笑)最初の目的地・岩舟駅まで
1時間半のロングシートの旅スタートです。


桐生駅では、わたらせ渓谷鉄道の気動車とご対面

両毛線はほとんどが単線区間のローカル線です。
2~3駅進んでは行き違い停車をくり返し、そのたびに律儀にドアを
開け閉めするので、外気の息苦しいほどの暑さと、ガンガンに効いた
車内冷房のギャップで疲れました。

大きな駅に近づくごとに、その周りの小さな駅からの学生さんの
乗車が増えてきます。こんな朝早くから部活でしょうか。ご苦労なことです。
そんな車内で、見覚えのある制服を着た女生徒さんに遭遇。


明里にそっくりです(けっこう可愛い女の子でした)、栃木駅近くにある
栃木女子高校の制服のようです(県下随一の進学校だそうです)


岩舟駅では残念ながら見かけませんでした

高崎駅で朝食調達に失敗したため、非常食でかばんに入れていた
ビスケットを開ける羽目になりました。モグモグ食べているうちに、
7時ちょうどに岩舟駅に到着。ホームに降りた途端、身体から汗が噴き出てきました。


窓口もすでに閉鎖され、自販機のモーター音だけが響き渡る駅舎内

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

「秒速5センチメートル」ロケ地レポ~大宮-岩舟編 その2 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]

劇中と同じ115系が停まっていました

雪でダイヤがメチャクチャになり(この辺は雪が比較的多いところなので、
劇中のようなべらぼうな遅れは、滅多にないと思いますが・・・)、
待って待ってやっと乗ることができた、小山からの両毛線電車
寒々とした駅に、武骨なフォルムでヘッドライトを輝かせながら
入線してくる115系。それは初めてかもしれない一人旅の少年には、
心強く感じられたのでしょうか。それともそんな余裕もなかったのでしょうか。


第二次大戦の戦闘機のような(青竹色でしたっけ?)車内、やっぱりこのBOX席でないと

そんな劇中のドラマチックな展開とはうって変わって、こちらは
西日が差し込む車内で、のんびりと車窓を眺めていました。
部活帰りでしょうか、学生さんや所用のおばさんなどが多い、
典型的なローカル線の車内風景が落ち着きます。


スタッフも映画イメージとぴったりで驚いたという、美しい名前の思川駅


栃木駅は高架になっていて、お隣のホームからは東武日光・宇都宮線が発着していました 

電柱の蛍光灯に灯がともった、いい雰囲気の大平下駅 

貴樹「電車はそれから結局、2時間も何も無い荒野で停まり続けた。
     
たった1分がものすごく長く感じられ、時間ははっきりとした悪意を持って、
      僕の上をゆっくりと流れていった。僕はきつく歯を食いしばり、
        ただとにかく泣かないように耐えているしかなかった」

続きを読む


nice!(3)  コメント(2) 

「秒速5センチメートル」ロケ地レポ~大宮-岩舟編 その1 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]

今月に入ってあまり休みがありません。
疲れが取れないまま月曜日になり、そのまま仕事へ向かう・・・パソコンの前に
なかなか座る気力がありませんでした。人間やっぱり休みは大事です。
来月はじめに、「ボーナスが出たから」とヨメを抱き込んで、
寝台特急に揺られて九州へと向かう予定です。
行き先は長崎。今季一番お気に入りのアニメ、 sola」 のロケ地も
巡ってきますので、レポをお楽しみに。
今はそれに向けてひたすら仕事の日々です。


これは懐かしの「あさかぜ」、長崎へは京都発の「あかつき」で向かいます

さて、すっかり間が空いてしまいましたが、
「秒速5センチメートル」のロケ地レポの続き、アップしてしまいましょう。
前回は武蔵浦和までアップしました。劇中ではそのまま埼京線に揺られ、
首都圏の交通の要衝・大宮へと到着します。
劇中のセリフをすべてアップしてくださっている方がおられたので(感謝)、
ここからは印象的なセリフも交えながら進行していきます。


この1か月前にも大宮に来ました。この前の日にも降りたので、
最近すっかり大宮めいていますね(笑)

貴樹「その瞬間まで、僕は電車が遅れるなんていう可能性を、
    考えもしなかった。不安が急に大きくなった」

ここから貴樹君は、宇都宮線の115系に乗車したのですが、
あの印象深い湘南色の電車は、2004年10月で宇都宮線から
撤退してしまっています。残念・・・。代わりにこの線の主役になった、
E231系に揺られて、関東から東北へと北上していきます。


115系に比べてゆったりしているのですが・・・やっぱり味気ない新系列車


運良くクロスシートが空いていたので、貴樹君のマネをして座ります(笑)

貴樹「大宮駅を過ぎてしばらくすると、風景からはあっという間に建物が少なくなった」

窓ガラスも今流行りのUVカットガラス採用のため、
窓の外の風景が変な色になってます(泣)本当に日差しがきついときは
助かるのですが、少し曇り気味だったこの日は、写真が撮りづらかったです。
電車は大宮を出てしばらくすると、駅の周り以外は雑木林と田畑が
のんびり続く風景に。都心から少し離れると、関東にもこういう風景が
残っているんですね。いい写真がないのが残念。


薄暗くなってきた風景の中で、印象的だった野木駅の駅名標

貴樹「駅と駅との間は、信じられないくらい離れていて、
    電車が一駅ごとに信じられないくらい長い間停車した」

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

「秒速5センチメートル」ロケ地レポ~参宮橋編 その2 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]



「明治神宮下車駅」とホームの看板に書いてありました。
神宮球場には行ったことがあるのですが、そのときはバスで連れて行って
もらったのでまったく記憶がありません。と思ったら、神宮球場や国立競技場は
もっと南の方角にあるんですね。さっきの電話BOXの道を隔てたところが
明治神宮の敷地だったようです。お正月はきっとすごい人出なのでしょう。

すごい坂道でした

駅前通のサンクスとセブンイレブンの間の坂道を上り、
住宅街の中へ。クルマもろくに入れないような狭い道沿いに、
閑静な住宅街という、よそ者は大変入りづらい雰囲気でした。
ただでさえ不審者に敏感な東京の方々です。いつ警察に通報されても
おかしくない・・・
別にメチャクチャ怪しい格好してたわけではないんですが。


公園下の美しいお花畑、遠くに見える摩天楼(調べたら「東京オペラシティ」でした)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

「秒速5センチメートル」ロケ地レポ~参宮橋編 その1 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]

いよいよDVD発売日も発表になり、再び盛りあがってきた
映画「秒速5センチメートル」。
撮った写真があまりに多く、なかなか整理が
つかなくてアップできていなかった「ロケ地レポ」。ようやく始まります。

詳細なレポはもうすでに多くの方々が書かれています。
今回のロケでも参考にさせていただいたページが、数多くあります。
もっと詳しく情報を知りたい方は、私なんかのレポより
Googleなどで「秒速5センチメートル ロケ地」と検索してください(笑)。
まだ映画の画像があまりないため、資料的な価値はあまりないかもしれませんが、
なんとなく劇中の「空気」を感じていただければ幸いです。

新宿から小田急小田原線で移動

以前書いた、金沢から長岡まわりで大宮に向かった話。
あの続きがこのロケです。もう1か月以上も前になってしまいましたが(汗)。
大宮から湘南新宿ラインに乗り、宿泊予定の赤羽でいったん下車、
駅のコインロッカーにかさばる荷物を預けたのですが・・・。
ホームの上まで登ったところでポケットをふとまさぐると・・・

きっぷがありません(泣)きっと上着の中だ(大泣)

電車に乗る前でよかったです。さっき閉めたばかりのコインロッカーを
泣く泣く開けて、きっぷを取り出し、再び300円を投げ込んで・・・雨の日とかに
これをやると泣きたくなりますね。晴れて暑い日でよかったです。

新宿から2駅目です

ごった返す新宿駅を移動。JRから小田急ホームへと移動するだけでも
大変でした。地下を延々降りていき、小田急小田原線ホームへ(ここは後ほど紹介)。
一応主人公の貴樹君がたどった通りに紹介することにします。


今年で開設80周年の駅、駅舎の前には大きな木がペアで生えています。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
- | 次の10件 はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。