So-net無料ブログ作成
検索選択

春は別れ、旅立ちの季節。~さらば寝台特急「北陸」 [歩いて撮ろう(鉄道編)]

急行「能登」の乗車記を書いてから2か月あまり。
急行「能登」、そして寝台特急「北陸」は、多くの人に見送られ、
3月13日ついに廃止されました。

2007-05-04-41.jpg

その模様を書いたブログには、
「たくさんの青春をありがとう」
「列車に揺られた日々のことは忘れない」


など多くの感謝の言葉があふれ、最後の数年間しか利用しなかった私も、
思わず涙してしまいました。格安高速バスに押され、乗客が減っていたとはいえ、
JRの「夜行店じまい」の姿勢は、公共交通機関を預かる会社として、
許されるものなんでしょうか。みんなが飛行機や新幹線の走る時間に
移動できるわけではないのに。

少し感情的になってしまいましたが、
急行「能登」の乗車記を書いたんだから、寝台特急「北陸」の乗車記も
書かねばと思い、ちょうど1年前の未整理の画像を引っ張り出しました。
こんな状態のネタが、私のパソコンのHDDには眠っているんですよ。
ここで書かねば、いつ書くんだという、1年遅れの「北陸」惜別乗車記です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年3月29日・日曜日。
日本武道館で「らき☆すた」のイベントに参加したあと、私は上野駅に向かいました。
転職後初めて迎えた年度末、心身ともにボロボロになって、逃げるように旅立った帰路のこと。

2010-03-14-18.jpg

青春18きっぷでイヤと言うほど東北方面を旅し、
東京からは奮発して、寝台特急に乗ることにしました。
でも「銀河」は前の年に廃止されたし、あとは北に向かう便しかないし、
どうしようか迷ったときに、「北陸」に白羽の矢が立ったのでした。
通販でバラ売りの回数券を買い、もし当日満席だったなら、
「能登」の自由席で帰るつもりでみどりの窓口へ。

2010-03-14-20.jpg上野駅前には、今でも赤提灯が健在

駅員氏の返事は、「ソロが1席だけ空いてますよ」。
迷わず発券してもらい、「北陸」の乗客となることができました。

2010-03-14-21.jpg昔と変わらぬ上野駅中央改札口


上野駅前のモツ焼き屋で一杯ひっかけ、
「北陸」が出発する13番線に着いたのは、発車時刻の20分ほど前。
すでに先発の青森行き「あけぼの」が出発したあとで、ホームは閑散としていました。

2010-03-14-01.jpg

東京駅にくらべ、関西人にはあまりなじみのない上野駅。
でも東北、北陸、信越方面の玄関口として、この駅に思い入れを
持っている人は多いみたいですね。

2010-03-14-03.jpg

ほどなくして推進運転で「北陸」が入線。
この辺は前に書いたので省略ということで。
ほどよく酔っぱらっていたので、写真をあまり撮らなかったのは残念。

2010-03-14-04.jpg

車内整理が終了し、あまり多くない乗客が車内へ。
開放寝台の号車はガラガラだったようですが、プライバシーの確保できる
個室はやっぱり需要が高いようです。

2010-03-14-07.jpg
発車前の13番ホームは、係員が慌ただしく行き交います

昼間のライブと飲み屋の喧噪で汗びっしょりだったので、
「北陸」ならではのサービス・シャワーカーを利用しようと
車掌さんを待ちかまえます。しかし発車しても、検札に来てくれません。
待ちかねて車掌室のある号車に行くと、どうも個室のカギが故障して閉められなくなり、
代わりの部屋の手配やらで飛び回っていたようです。
*廃止前何年かは、カギのトラブルが多かったようです。老朽化のせいでしょうね。

2010-03-14-09.jpg
寝台の窓から眺める始発駅の駅名標。客車独特の揺れと合わさって、
少しドキドキする瞬間です。


シャワーカーに行くと、この日はすでに先客が。
しかも待合いのソファーには、3~4人のお兄ちゃんが座っていました。
「こっちは早く汗を流したいのに・・・」と少しげんなりしながら、
となりに座らせてもらうと、東京に住む中学生のご一行でした。

ヒマだったので、「君らどこ行くんや?」と聞いてみると、
この「北陸」に乗るためだけに、金沢まで行くんだとか。しかも向こうでは
大した観光もせず、また「北陸」に乗って帰ってくるそうな。

2010-03-14-08.jpg

行きは個室、帰りは開放寝台。最近の中学生はすごいなあ、と
ねたましくなり、「君ら金持ちやねえ」とからかってみたら、

「高校進学したら勉強が大変で、列車に乗って旅行することができなくなるかも
しれないので、1年間お小遣いとお年玉を貯めて、旅費を工面しました」


と返されてしまった、反省。ゴメン、おじさんが悪かった。
まあそれをきっかけにうち解けて、私の乗り鉄自慢話(酔っていたのでつい・・・)に
延々つきあってくれた。みな礼儀正しく、目を輝かせて鉄道の話をしてくれたのが
印象的だった。おかげで「お静かに」と車掌さんに注意されてしまったが。

どうもすいません・・・。

2010-03-14-10.jpg
深夜の水上駅。上越国境を夜行で越えるとき、いつもこの駅で目がさめます

未来ある鉄道ファンたちに元気をもらい、シャワーも浴びてすっきりしたところで、
自分の個室に戻りました。この日も前回の旅と同じく、ソロの下段。
一度上段にも乗ってみたかったが、今となってはかなわぬ夢となってしまいました。
途中水上駅で目がさめた以外は、長旅の疲れもあり爆睡状態。
気がつくと、目的地の高岡が近づいていました。

2010-03-14-11.jpg

定刻の5:49、「北陸」は遅れることもなく高岡駅に到着。
近年は雪やら強風やらで遅れることも多くなった夜行列車ですが、
私の乗る列車は定刻通りに運転されることが多いです。
記憶にある限り、寝台車初体験時の、函館行き「日本海」だけですね。
このときは1本前を走っていた「雷鳥」が踏みきりでトラックと衝突。
福井駅で2時間近く抑止、函館に着いたのは定刻より3時間遅れ。
後にも先にも、列車遅延で特急料金払い戻しになったのは、この1回だけです。
今となってはいい思い出ですが。

2010-03-14-12.jpg

この日の高岡駅は、うららかな春の日差しに包まれていて、
14系の深いブルーを少しやわらかい印象にしていました。
私は漆黒の闇を走り抜けるブルートレインが好きですが、
陽光に照らされるブルートレインもいいですね。

2010-03-14-13.jpg

忙しい身なので、寝台列車にそうたびたび乗れるわけではありません。
だから最近は「これが最後の乗車になるかも」
いつも考えながらをしています。
みどりの窓口で偶然確保できた寝台券に誘われ、
わずか7時間弱の短い旅ではありましたが、廃止の喧噪前に
「北陸」に乗れたことは、幸運だったのかもしれません。



ブルートレイン。

その特別な響きは、子どもだった私をあっという間に虜にした。
学習机にセットされていた、「日本のブルートレイン大百科」のデスクマット。
あの偶然の出会いが、私を鉄道に結びつけてくれた気がする。

2010-03-14-14.jpg

大人になって就職し、最初のボーナスで飛び乗った、ブルートレイン。
それから何度となく寝台車の乗客となり、日本中を駆け回った。

「富士」「だいせん」「はくつる」「彗星」「出雲」「あかつき」「銀河」「はやぶさ」「なは」・・・

2010-03-14-15.jpg

過去帳入りしていった列車たちに、新たに加わった「北陸」。
けわしくきびしい上越国境を、60年もの間、物言わず黙々と越えてきたその歴史が、
あっけなく終わる悲しさ。

けれど悲しさだけが残るわけではない。

2010-03-14-16.jpg

ブルートレインが運ぶさまざまな「空気」に触れた記憶。
それは今でも深く心に刻まれている。

寝台車に初めて足を踏み入れたときの、リネン独特の香り。
真夜中の運転停車で起こされたときの、車内の静寂。
朝起きてガラス越しに見た一面の銀世界と、空気の凛とした冷たさ。

忘れない。決して。


2010-03-14-17.jpg

この線路の上を、この駅のホームを、
青い車体が駆けていったことを。

ブルートレイン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はこの記事、1か月ほど前にほぼ完成していたんですが、
どうしても最後のくだりで納得のいく文章が書けず、そのままになっていました。
それを何とか完成までこぎつけさせてくれたのが、
先ほどたまたま観た、BSジャパンの「北陸」ドキュメント番組。
2回目の放映だったんですね。全然知りませんでした。
変なミーハータレントの登場や、余計な企画もなく、BSらしい好感の持てる番組でした。

これで北陸路を駆ける夜行列車は、
「日本海」と「きたぐに」、「トワイライトエクスプレス」のみ。
まだこれだけの列車が走っていること自体、奇跡に近いこと。
しかし3列車とも車齢が限界に近づいており、廃止の噂が絶えません。
一日でも長く走り続けてくれることを祈るとともに、新車投入を切に願います。
このまま老朽化→廃止ということになれば、関西からの航空・道路事情が悪い、
日本海側へのアクセス手段が一気に失われてしまいます。
これはお互いの地域にとって、ビジネスや観光の機会が削がれる、大変不幸なことです。
もし「補助金がないと走れない」とJRが言うんだったら、そうしてあげれば?と思います。
クルマの走らない高速道路をつくったり、地域ごとに休日をずらすとか、
そんな不経済なことをするよりも、国にとってよっぽど効果的だと思うんですが。
最後にまたちょっと愚痴ってしまいました。どうもすいません。

GWは5/3に上京し、上野から寝台特急「あけぼの」で秋田へ。
何とかB寝台上段を確保できました(どうせほとんど眠らないので、荷物置き場になるかな?)。
そのあと日本海沿岸をひたすら西へとすすみ、5/4夕刻に富山入りします。
城端曳山祭を堪能してきます。「true tears」ファンのみなさま、また城端でお会いしましょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。