So-net無料ブログ作成

閉鎖空間はあの山の上に その5~夙川公園は桜の海 (2008年春) [はるばる来たねロケ地巡り(涼宮ハルヒの憂鬱編)]

いつも空いている甲陽園駅ですが、
この日はお花見帰りの方が多いのか、ちょうど到着した電車から、
大勢の乗客が降りてこられました。ちょっとびっくりしました。

2008-04-08-22.jpg
ただでさえ狭いホームは、人であふれかえっていました

すっかり乗り慣れた甲陽線ですが、
住宅地の中を縫うように走る車窓からは、あちらこちらで満開の桜が見えました。
運行距離が短いので、あっという間に終わってしまいますが、
桜+鉄道の隠れた穴場ですね。

2008-04-08-23.jpg
6000系ってワンハンドルマスコンなんですね(初めて知りました)

ほどなく苦楽園口駅に到着。
ホームは甲陽園駅にもまして混雑していました。
眼下を流れる夙川からは、桜の花の甘い香りと、宴会会場からの
酒臭い空気が混じり合って流れてきます。お花見の季節独特の香り、
とでも言いましょうか。春ですねえ。

2008-04-08-24.jpg
ホームからもお花見が楽しめます、鉄道ファンはやっぱりこのアングルが最高

 


改札を出ると、あまりの人の多さにびっくり。
踏切の前では、交通整理の警備員さんまで出ていました。
でも夏に渡った橋の上からは、まさに「桜の海」と表現してもいい、
見事なソメイヨシノの桜並木が見えました。これは撮りがいがありそうです。

2008-04-08-25.jpg
桜の花はきれいなのですが、すき間から見えるブルーシートが雰囲気をそいでますね・・・

2008-04-08-26.jpg
老いも若きもみな桜の花に夢中です

この日は晴天に恵まれましたが、春先らしく時折強い風が吹きます。
すでに開ききった桜の花は、耐えきれずに散っていきます。
公園中で桜の花びらが舞う様子が見られました。
酔いつぶれて寝っ転がっている人たちが、花びらまみれになっていましたが(笑)。

2008-04-08-28.jpg
のどかに走る阪急6000系と、夙川公園の桜、見事です

以前水道路踏切の廃止検討の話題を書きましたが、
実はこの夙川公園も、大きくその姿を変える可能性があるそうです。

10年ほど前に、市が「甲陽線の苦楽園口~甲陽園間の線路を地下化するため、
公園の桜や松を伐採して、トンネルを掘る」
という計画を発表しました。
戦後すぐに、住民の方々もお金を出して植樹され、大切に守られてきた桜並木。
住民や観光客の憩いの場になっている、公園の桜を切るなんぞとんでもない!と
猛反対にあい計画は中断しています。

あの素晴らしい車窓、そしてこの桜並木を失ってまで、
計画を進める必要があるんでしょうか?
私は地元の交通環境などをよく知りませんが、
桜の花を愛する一人の日本人として、疑問に思えてなりません。

2008-04-08-29.jpg
劇中では地上部分からのアングルなのですが、せっかくなので川面近くまで下りてみました

2008-04-08-29s.jpg

劇中のシーンの撮影も終え(桜の美しさに魅せられて、半分忘れていましたが)、
公園内のあちこちに立っていた、屋台を冷やかしに行きました。
宴会のお酒の匂いに、たこ焼きやら、焼きとうもろこしやら、いろんな匂いがミックスされて、
混沌とした空間になっていました。さながら「閉鎖空間」とでも言いましょうか。

2008-04-08-33.jpg
川の至る所に飛び石が置いてあり、自由に行き来することができます

2008-04-08-31.jpg
「はしまき」という見慣れぬ名前にひかれて、買ってしまいました、
割ってない割り箸にお好み焼きの生地が巻き付けてあります(中身は
天かすなど、生地は少しモチモチしていました)、関西では割とメジャーだそうですが、
この年になるまで知りませんでした

このまま夙川駅まで歩いていこうかとも思いましたが、
少し遠いのと、北高に向かうバスに乗ったときの、夙川駅のとんでもない
混雑を思い出し、おとなしく苦楽園口まで戻りました。

2008-04-08-35.jpg
宴会はとめどもなく続いていました、みなさん飲み過ぎには注意してね

苦楽園口のラッシュ並みの混雑に耐え、夙川でちょうどやって来た特急に乗り継ぎ、
梅田駅で下車。ここで前から撮りたかった、ロケ地へと向かいました。

2008-04-08-36.jpg
キョンを連れた古泉が、閉鎖空間に突入したシーンで登場

2008-04-08-36s.jpg

劇中では「東阪電車」となっていますが、
実際は「阪神電車」梅田駅の案内看板です。イカ焼きが名物の、
阪神百貨店の建物ですね。丸みを帯びた、建物の北側(大歩道橋があります)は、
見たことがある方も多いんではないでしょうか。

2008-04-08-41.jpg

二人が閉鎖空間に突入した、横断歩道の真ん中は、
危なくてとても立ち止まれないので、向かい側(JR大阪駅前)から撮影しました。

2008-04-08-37.jpg
阪神百貨店ビルも、数年後に取り壊され、巨大ビルになる予定、
ハルヒのロケ地は変化の波にさらされています

2008-04-08-37s.jpg

今回は買ったばかりの一眼デジカメを投入しましたが、
ファインダーを覗きながら撮影できるので、手ブレもしませんし、
ズームレンズが活躍してくれました(私はあまりズームレンズが好きではないんですが、
ロケ地探訪の時は撮影条件が厳しいので、助かります)。

「ハルヒ」ロケ地探訪は、ひとまずこれにて終了。
北高祭に予定が合ったり、延び延びになっているアニメ二期が
放映されれば、また撮りに行くでしょうね。それまでおたのしみに(おわり)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(おまけ)

強制ハイキング→人波をかきわけての桜撮影のハードスケジュールは、
さすがに疲れました。無事撮影終了したことを祝して、梅田の地下街で
祝杯をあげることにしました。
場所はこちら。

2008-04-08-39.jpg
ディープな空気が漂っています、最初はすごく入りづらいです

阪神百貨店の入り口から、地下街に通じる階段を下りたところに、
壁に張り付くように店を構える、立ち飲み串カツ屋「松葉」さん。
地下街を通るたびに、「入ってみよう」と思いつつ、なかなかその勇気が
なかったのですが、この日意を決して、のれんをくぐりました。

2008-04-08-38.jpg
大阪名物、外はさっくり、中はもったりした衣の串カツ

気さくな感じのお兄さんが、「お飲み物は?」と愛想良く聞いてくれたので、
迷わず生ビール(中)を注文。細いカウンターをはさんで、本当に目の前で
揚げているので、店員さんとのコミュニケーション能力が問われます。
適当に注文すると、さっと揚げて出してくれます。お供は無料で食べ放題の
キャベツと、「二度漬け禁止!」で有名な特製ソース。5~6本食べて
ちょうどジョッキが空になったのでお愛想。1000円もしませんでした。
新世界も最近は観光地になってしまったので、私は梅田近辺の
こういうお店で飲む方が性に合っています。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。