So-net無料ブログ作成
検索選択

生で「おはらっき~!」を聞けた 「らき☆すた」のブランチ&公式参拝in鷲宮 訪問記 [はるばる来たねロケ地巡り(らき☆すた編)]

「銀河」乗車を終え、都内に住む両親の家に荷物を置いて横浜へ。
そのあと浦和レッズ・横浜の悲劇を目撃したわけですが、それは
軽く省略ということで・・・(泣)。

傷心のまま渋谷で酔いつぶれ、何とか両親宅に帰り着いた翌日。
東京から乗車する寝台特急「はやぶさ」の出発までは、まだ時間があります。
京都を出発する前に、どこか行くところがないか調べていたら、
ちょうど12月2日にありましたありました。


赤羽駅で最新型お召し電車(団体列車にも使うそうです)E655系が通過していきました

~「らき☆すた」のブランチ&公式参拝in鷲宮~

知らない方には、本当に何のことかさっぱりわからない行事ですね(笑)
「らき☆すた」をご存じの方は多いとは思いますが、私の好きな「涼宮ハルヒの憂鬱」で
アニメ界を席巻した京都アニメーションが、角川書店と再びタッグを組み、
月刊「コンプティーク」などに連載中の4コマ漫画を、アニメ化した作品です。


久喜まで宇都宮線に乗車、ここで乗り換えです

放映開始当初は、監督が急きょ降板したり、「ハルヒの二番煎じ」などと
前途が危ぶまれた「らき☆すた」ですが、中盤以降オリジナルストーリーで
テコ入れしたり、CDやラジオなどとも連動させ、2クールを走りきりました。
私はリアルタイムで観られなかったので、
レンタルでストーリーを追っている最中です(いつも貸し出し中ですが・・・)。


劇中でも「糖武鉄道」(笑)で登場している、東武伊勢崎線に乗り換えます

全部見終わったわけではないので、
本作への私の評価はまだ定まってはいませんが、
「2007年の最高傑作アニメ」との評価も多く聞かれる「らき☆すた」。
その中で登場する、二卵性双生児の人気キャラ、
柊かがみ&つかさの実家が、今回のイベントのある鷲宮神社
モデルにしています(オープニングシーンなどに登場)。


久喜から一駅乗ると、もう鷲宮駅に到着

放送開始直後から、鮮烈なオープニングアニメ(「ハルヒ」といい、京アニの作品は
掴みが良いですね)に登場する舞台を見に来るファンが続出。
人口3万5千人、一時間に2~3本しか電車が来ない、のどかな環境の
鷲宮町の人々は、見慣れぬアニメファンの来訪に驚き、同時に思いました。


乗車した電車は、これまた劇中で登場の東武10000系でした

「このファンの熱気を何とか町おこしにつなげられないか」と。

放映開始から5年以上経っても、いまだに巡礼者が訪れている、
「おねがい」シリーズの舞台・木崎湖周辺など、例外もありますが、
アニメ作品の「聖地巡礼」を活用している地域は、皆無に等しい状況です。


駅の自由通路に、ご親切に看板が(このあと至る所で目にしました)

そんな中、発売元の角川書店の協賛もとりつけ(紆余曲折はあったようですが)、
出演声優さんや原作者の方まで呼んでしまうとは、見事という他ありません。

イベントの告知自体が、直前だったため、成功が危ぶまれていたそうですが、
鷲宮駅に来てみてびっくり。


電車が着くたびに、駅から延々はき出されていく人、また人(案内看板は不要でしたね)

某巨大掲示板では、「すでにブランチの整理券は配布終了」などの
情報が書き込まれ、この駅の盛況ぶりから見て、とんでもないことになる予感が。
ともかく駅から徒歩10分のイベント会場、鷲宮神社を目指します。


こぢんまりした鷲宮駅、宇都宮線の東鷲宮駅なら知っていますが、
「らき☆すた」がなければ、一生訪れることはなかったでしょう

神社までの道には、歩道もなく危険でした。
そこを大勢のファン達が我先に歩いていくため、
事故など起きないかとヒヤヒヤしました(起きなかったようで安心しました)。
人の流れに身を任せて歩いていくと、やがて立派な石碑が見えてきました。


ここから神社の参道になるんでしょうか(ここまでは割と落ち着いてました)

石碑の横を通り、見覚えのある鳥居が見えた途端、
車やバイク、人の流れが全て滞りだしました。
よく見ると、鳥居の足元付近から、先が見えないほどの人だかりが。
イベントは開催されますが、一般の参拝客の来訪を禁止するわけにもいかず、
事情を知らない一般の方が、唖然として境内へと入っていきました。

どうやら鳥居に向かって左側に、参拝者用の駐車場があるよう。
警備員さんや、埼玉県警のお巡りさんまでが狩り出され、
神社前にたむろうファン達がひき殺されないよう、必死で誘導にあたります。
物販の列も、境内に入る列もどこから続いているのかわからず、
とりあえず鳥居の前で私も待機することにしました(何があるのかもよくわからず)。
この時間はまだ物販に並ぶ人が多かったのか、最前列に陣取ることができました。

時計をみると、お昼の12時前。
早朝から集まったファンによって、秒殺されたブランチ(限定200名)
供されている、鳥居向かって右側の「大酉茶屋」さん。
普段は地元の特産品や、飲食メニューを販売されている施設ですが、
この日ばかりは、おびただしい数の「らき☆すた」ファンに取り囲まれています。
みなのお目当ては、イベントに駆けつけてくださった、
出演声優4人の方々です(小神あきら様、白石みのる、柊姉妹)。

イベントの告知ページには、

「※
ゲストの4人及び美水先生は、ブランチタイム中に、出演予定。
 いつ出演するかは未定

としか書いていませんでした。通りに面した茶屋の縁側には、
カメラマンが大勢陣取り、中の様子をカメラに収めているので、
どうやら中に声優さんたちがいらっしゃるようなんですが、
結局よくわからないまま、1時間経過。その間にも、人はどんどん増えていきました。


一応劇中に登場したアングルで撮ってみましたが・・・人大杉(苦笑)


集まった人の暇つぶしになるように、との配慮なのか、
「らき☆すた」のゲームソフトのサンドイッチマンが登場(しっかり宣伝になってました)

1時間ほど経過したとき、中から見覚えのある方が登場。
白石みのる役、「涼宮ハルヒの憂鬱」の谷口役で一躍有名になった、
白石稔さんでした。なぜかエプロンと三角巾を頭に巻いて登場。
中で家庭科の授業でもしているのか?と誤解しそうですが、
ブランチで訪れた方に、声優さん自ら接客していたんです。
何かイベントが始まるのかと思いきや、
大勢集まってくれたことへのお礼と、もう少しお待ちください、という
お詫びのメッセージでした。めちゃくちゃ腰の低い方です。
すると中からまた聞き覚えのある声が。


地元商工会の方々(蛍光ジャンパー着た方々)が、交通整理や警備をされてました、
この頃から、騒ぎを聞きつけた地元の一般の方も見物に

「白石、白石~、白石~!!! 

アニメそのまんまのお声に、集まったファン達大爆笑。
14歳のスーパーアイドル、小神あきら様(イベント告知ページでも一人だけ「様」付け)
を演じる、今野宏美さんです。 小柄で大変かわいらしいお方で、
それまで存じ上げなかった私はてっきり、駆け出しの声優さんかなと思っていたら、
帰って調べてみると1975年のお生まれ!何と私より年上ではないですか。
人は見かけではまったく判断できませんね。


茶屋の前の掲示板には「徹夜禁止」の貼り紙が(ほぼ守られたようです)、
その前にあるのが除幕前の大型絵馬

「声優さんは撮影禁止です!」と商工会やボランティアの方が
メガホンで叫びながら回っていました。それでもデジカメや携帯で
勝手に撮る輩続出。最近のイベントはみんなこんな感じでしょうか。
今回ただ一つ残念な出来事でした。

ということで、イベントが始まってからの写真はないんですが、様子だけでも。
茶屋の前で待ち続けて2時間近く経ったころ、茶屋の前に毛布にくるまれた
大きく重そうなものが、大人4人がかりで運ばれてきました。
そこで前述のお二人に、柊かがみを演じる加藤英美里さん
柊つかさを演じる福原香織さんも茶屋の中から出てこられ、イベントスタート。
ここぞとばかりに、殺到するマスコミ各社(NHK、テレ玉、悪名高きTBSが
やって来ていました)。前に立たれて声優さんが見えません。


イベント終了後、声優さん達は「公式参拝」のため境内に移動

司会進行の白石さん(「激奏」に続いてお疲れ様です)が
一生懸命仕切ろうとしている横で、好き勝手するあきら様。
「歌え白石~」と集まったファン達を煽り(笑)、
見事白石さんに「もってけ!セーラーふく 曖昧サンシャインver.」を
振り付きで歌わせてしまいました。
盛りあがるファンと、何のことかわからずただ呆気にとられる地元の方。
意味がよくわからず、ただカメラを回すテレビ局。
混沌としていてなかなか楽しかったです(笑)。


つられてファン達も大移動、境内は土煙が舞って前がよく見えないほど

続いて商工会の偉い人が登場され、例の謎の物体の除幕式。
なんと特注品の大型絵馬(石版に柊姉妹のイラストが彫刻)でした。
その出来の良さと気合いの入れように、一同「お~!!!」と歓声。
イベント終了後は、境内に飾られるんでしょうか。それともあのまま?
心ない輩に盗まれたり、イタズラされないか心配ですが。

そのあとマスコミ撮影会を経て、声優さん達は境内へと移動。
茶屋でのブランチと、もう一つのイベント、鷲宮神社への公式参拝のためです。


境内はこの状態、みなどこで何があるのかわからず、右往左往

茶屋の前にいた大群衆も、ほぼそのまま境内に移動したため、
神社は一瞬にして大混雑。境内を眺めて回ろうかと思っていましたが、
もはやそんな雰囲気ではありません。人の波の進む方へと身を任せます。

ふと時計に目をやると、もうそろそろ都内に戻らないといけない時間。
公式参拝の見物はあきらめて、次いつ来られるかわからないので、
この夜からの旅行の無事を願って、お守りを買って帰りました。

神社には巫女のコスプレをした方も・・・この方は本物の巫女さんでした(笑)

帰り道は公式参拝に向かった人が多いのか、空いていて助かりました。
境内は関東最古の神社というだけあって、スギやイチョウの立派な大木がたくさん。
落ち着いたらぜひ再訪したい神社ですね。

各所で話題になっていた、萌え絵馬がたくさん奉納された場所。
本当にありましたね。殴り書きのようなイラストから、いったいどんだけ
手間かけて作ったんだという、立派なものまで、
数えきれません。
さかんにカメラが向けられていました。


「かみちゅ!」の舞台、尾道でも見ましたね、新しい観光名所です

神社の駐車場が物販のスペースになっていたようです。
すでに行列も短くなり(それでもこの時間でも延びていました)、
少しのぞいてきました。貼り紙によると、すでに特製マウスパッド
(ガラス製で1万円近くしたそうです)と特製桐絵馬付きストラップは完売。
ポストカードがまだ残っていたんですが、私のすぐ後で完売。
危ないところでしたね。書き下ろしイラスト入りのハガキが2枚と、
「らき☆すた」イラストコンクールの応募ハガキが入っていました。

よい記念品になりました


後日ヤ○オクで、とんでもない値段で取引されたようですね

さあ鷲宮駅へ・・・と思ってふと神社脇の雑貨屋さんをのぞくと、
こんなポスターを見つけました。 

なんと地元商店街の販促にまで、「らき☆すた」のキャラが使われていました。
A賞は商店街で使える商品券1000円分。地元民じゃないしなあ(笑)
この販促に飛びつくのって、たいてい地元以外のファンだと思うので、
もっと別なもののほうが・・・。


レジのおばさんは時ならぬ盛況ぶりに大忙し

店内はスクラッチカード目当て(決して賞品目当てではないように思います)の
イベント参加者で大混雑。私も夕方から乗る寝台車のおともにと、パンやおにぎりなど
物色しましたが、そういう類のものは、イナゴの来襲後のようにきれいさっぱり売り切れ。
幸い地酒と酒のつまみが残っていたので、565円分(笑)買ってきました。


無理やり500円を超えさせようと、1個50円のみかん(美味しかったです)まで買ってしまいました

どうにか大混雑する前に、鷲宮駅からの電車に乗ることができました。
久喜から乗ったJRの車内では、疲れたのか爆睡(これがその後尾を引くことに・・・)。
中央線沿線の実家に荷物を取りに行き、いよいよ東京駅発の「はやぶさ」へと乗り込みます。
次回からはいよいよ「種子島ロケ地遠征編」のスタートです。おたのしみに(つづく)。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。