So-net無料ブログ作成

「銀河」で旅立ち、「富士・はやぶさ」でゆったり、「なは」で帰る種子島遠征 [歩いて撮ろう(鉄道編)]

「年休も取れるし、いっぱい更新するぞ!」と意気込んでいた11月。
気がつくともう最終週ですね(泣)
来週の月曜日には、もう種子島にいるんですね。
退職の手続きやら(明日も休みですが、職場に顔を出さねばなりません)、
スーツを作りに行ったり(今まで制服で仕事をしていたので・・・)、
何かしら予定が入っています。
あともちろん教習も。今日から路上教習だったので、何とか来月中には
免許取ってしまいたいと思っています。

前置きはそれぐらいにして、今月30日からの
種子島遠征の計画を発表したいと思います。
実は列車も宿も高速船も、すべて1か月前におさえていました。
苦労したのは宿ですね。2月に打ち上げ予定のH-ⅡAロケットが、
10月末にすでに種子島へ搬入されたそうで(「秒速」でも時速5kmで進む
ロケットコンテナが登場しましたね、見たかった)、その関係者が宿を
片っ端からおさえているため、どこの民宿やホテルも12月中は満室。
ようやく人里離れた海岸のログハウスを見つけ、確保できました。

まずは11月30日(金曜日)から。
京都駅を寝台急行「銀河」で22:58に出発。
通算3回目の利用、過去2回はいずれもB寝台利用でしたが、
今回は奮発してA寝台(下段)で東京まで向かいます。


銀帯の「銀河」の中で、1両だけ白帯で異彩を放つA寝台車

1949年に運行を開始、以来関西と東京を深夜に結ぶ足として、
多くのビジネス客や観光客に愛されてきた「銀河」。
私が乗ったときはすでに6両という寂しい編成でしたが、
京都駅で「急行 銀河 東京」という電光掲示板を見るたび、
「これに飛び乗れば翌朝には東京に着ける」という安心感がありました。
その「銀河」もまだ確定情報ではありませんが、
来年3月のダイヤ改正で廃止が濃厚のようです。
車両の老朽化、東京駅での機回し問題、過密な東京地区のダイヤなど、
乗客減少以外にもさまざまな障害が、「銀河」に立ちはだかったようです。


他のホームの喧噪から隔絶され、東京駅を静かに旅立つ
「銀河」は味のある列車でした

翌12月1日の6:42、東京駅着。
そのあとは東京に住む両親の家に荷物を置き、そのまま
横浜にある日産スタジアムへ。浦和レッズの今季最終戦に参戦したあと、
その日は両親の家に宿泊。ホテル代が浮いたので助かりました。

翌12月2日は、都内をブラブラ観光でもしようかと思っていましたが、
タイミングのいいことに、「らき☆すた」のOPで有名になった、
鷲宮神社でキャストや原作の方がお見えになり、大イベントがある
そうなので、
ロケ地撮影がてら行ってみたいと思います。人出凄そうですが・・・。

そのあと東京駅まで戻り、
18:03発の寝台特急「富士・はやぶさ」に乗車します。
「富士」には以前乗ったことがありますし、鹿児島に行くには
鹿児島本線回りの方が速いので、今回は「はやぶさ」の方に乗車。
熊本まで17時間あまり、B個室寝台「ソロ」でゆったり過ごしたいと思います。


まだ「富士」が単独運転だった頃、京都駅で撮影した一枚

車内販売(翌朝に山口県内であるようですが)や食堂車もないので、
新装なった東京駅の高島屋で、つまみやら酒やら仕入れて乗らねば。
「ソロ」に乗るのは春の「北陸」以来。今回は2階席が取れたので、
天気が良ければ満天の星空を眺められそうです。

そんな「富士・はやぶさ」ですが、「銀河」の1年後、2009年のダイヤ改正で
廃止濃厚とのこと。
もし本当だとすると、これで東京駅から寝台列車が
全て姿を消すことになります。
かつてブルトレブームで多くの子ども達が、
カメラ片手に群がった寝台特急達。この数年、「あさかぜ」「さくら」と
栄光の列車名を冠した仲間が、すでに鬼籍に入ってしまいました。
そして最後の牙城、「富士・はやぶさ」にも廃止の時が迫る。
私はブームの頃も知らず、自販機すらなく、くたびれた車両しか知りませんが、
それでも機関車に牽かれ、青い車体を力強く輝かせ、入線してくる姿。
鉄道を愛するものならば、憧れない人はいないと言ってもいいでしょう。


関門海峡での機関車付け替えも見納めになりそうです

朝日昇る瀬戸内海を眺めながら、翌12月3日朝九州入り。
門司駅で日豊本線経由・大分行き「富士」を切り離し、
11:48に熊本駅着。東京を夕方出て、九州に着くのが昼間になるようでは、
確かに飛行機やバスには勝ち目がありません。
ただ九州へゆったり旅行、という需要は東京にはあると思いますし、
「カシオペア」のような観光特化型の車両にすれば、それなりの需要は
掘り起こせるかもしれませんが。今後の動きに注目です。

そのあと「リレーつばめ」と九州新幹線「つばめ」を乗り継ぎ、
鹿児島中央駅に昼過ぎに到着。
夕方の高速船「ロケット」でいよいよ種子島へと渡ります。
高速船に乗るのは生まれて初めて、酔わないか今から心配ですが・・・。
その日は港近くの民宿に泊まり、
翌12月4日朝、レンタル屋にカブを借りて島内観光&「秒速」ロケ地探訪へ。
朝から回るので、旧種子島空港~中種子高校~種子島宇宙センターは
必ず行ってみたいですね。その日は北部の鉄浜海岸のログハウスに宿泊。
携帯もテレビの電波も届かないところだそうで、波音と星空の下、
ゆっくり過ごしたいと思います(天気悪ければ最悪ですが・・・)。


「なは」が単独運転で西鹿児島まで行っていた頃、ちょこっとだけ利用した
(鳥栖~福山だったかな?)指定席車・レガートシート、今はつないでません

翌12月5日は残りのロケ地(貴樹と花苗が通ったコンビニ、風車のある丘、
花苗がサーフィンした海岸など)を回りたいと思います。
次いつ来られるかわからないので、悔いの無いよう楽しみたいです。

そのあとカブを返し、夕方の高速船で鹿児島へと戻ります。
その日は鹿児島市内に泊まり(温泉銭湯が楽しみです)、
翌12月6日京都への帰路につきます。肥薩線をゆっくり乗車し、
熊本まで行こうかなと考えています。
熊本からのラストランナーは、京都行きの寝台特急「なは」。
夏に「sola」ロケ地探訪で乗った、「あかつき」の併結相手です。

鳥栖駅での迫力ある分割・併合も消えようとしています

20:14に熊本を出発、こちらも「ソロ」がとれたので、
残り少ない自由時間をゆったり過ごしたいですね。

関西人にはおなじみの「なは・あかつき」ですが、
何とこちらも来年3月のダイヤ改正で廃止濃厚の報道。
関西~九州の需要も、今やバスや新幹線に奪われてしまいました。
寂しいですが、夏に乗ったときのガラガラ具合からいって、
廃止は避けられないと思っていました。
しかし現実にニュースが伝えられると、
胸にぽっかりと穴が空いたようです。

寝台列車に乗れるのも、転職前の今ぐらいしかないと思い、
このような日程を組みましたが、
まさか自分の乗る列車がすべて廃止対象になってしまうとは。
年末の列車はさよなら乗車で早くも
埋まり始めているようですが、大騒ぎになる前に、
寝台列車の醍醐味である、ゆったりのんびり旅行を楽しんできます。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。