So-net無料ブログ作成
検索選択

夏のマンガ祭り三本立て その7~「秒速」ロケ地補完計画 急の巻 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]

暑さでヘロヘロになりながら、この日最後の目的地、
小田急小田原線の「秒速」2駅へと向かいました。


この日見たほとんどの列車がこの3000形でした(少し味気ない)


劇中に登場する1000形は、徐々に活躍の場を狭めているようです

15分ほどで、豪徳寺駅に到着。
「秒速」ファンなら、この駅名を知らない方はおられないはずです。
貴樹が暮らし、中学への通勤に利用していた駅。
そして、明里に会うために意を決して旅立った駅でもあります。


劇中ほぼそのままでした、開放的で明るい駅舎です

駅前の狭い通り沿いに、商店街が形成されています。
ここには貴樹が通い慣れた風景を、今も見ることができます。


貴樹が「コンパス時刻表」(貴樹は通ですね、私や鉄道ファンが愛用している
JR全線全駅掲載のミニ時刻表です)を買った書店です、
「5円コピーののぼりが今でも掲げられていて嬉しかった


さすがにこのアングルで撮る勇気は・・・

車がやっと1台通れる広さの道(行き違いは無理)で、
たくさんの商店が軒を連ねています。いい雰囲気ですね。
東京は大型店の進出が難しいため、商店街がまだ比較的
元気なのが救いです(京都をはじめ地方では・・・)。


左手のファミリーマート、奥のマクドナルドもまだそのままです


あ、マクドナルドの店内見てくるの忘れてた(笑)

マクドナルドの方へ歩いていくと、またまた見覚えのある風景に遭遇。


劇中では歳末セール中でしたが、真夏のこの日はサマーセール中(当たり前)、
もう少し前に寄って撮れれば良かったんですが、クルマが通り危険なのでここから


小田急線の高架下を、東急世田谷の路面電車が走っていました
(山下駅が最寄り駅ですぐ乗り換え可能)、今度乗りに行こう

この時点で午後1時をまわったところ。一日でもっとも暑い時間帯です。
豪徳寺ではほとんど歩きませんでしたが、それでも汗びっしょり。
冷房の効いた電車内でひたすらカラダの熱を冷まします。

10分ほどで次の目的地、代々木八幡(よよぎはちまん)駅に到着。
私は京都の人間なので、ずっと「よよぎやわた」駅だと思いこんでました
(京都府八幡市とごちゃまぜに)。よく考えたら八幡さまの近所の駅だから、
そう読むのが普通ですよね(笑)


駅はカーブの途中にあるため、ホームが狭く曲がってます

新宿行きホームを出て、線路に沿って新宿方向に歩いていくと、
北西側の住宅街への道と、踏切方向への道が交わる十字路に出ます。
そのとき住宅街側を振り向くと、黄色い特徴的なマンションが確認できました。

全体はこんな感じです


このまま二人と逆の道をたどれば神社に行けたのですが、
この暑い中階段を上る気力はありませんでした(汗)

そのまま道なりに住宅街の中を抜けて、山手通り沿いに出ると、
目的地・代々木八幡宮の鳥居が見えてきました。


今から800年近く前の創建だそうです

外のうだるような暑さとはうって変わって、
境内はうっそうとした森の中にあるせいか、涼しくて快適でした。
鳥居の根元に腰掛け、水をがぶ飲み。少し元気を取り戻し、
境内のロケ地を探し歩きました。


猫のチョビと二人が戯れていたあたりです

やっぱり緑は癒されるなあ

続いて本殿入り口の鳥居。
この日はこの暑さで参拝客もおらず、快適に撮影できました。


二人が駆けていく光景が目に浮かびました

境内には福泉寺という別当寺(神社の管理を受け持つお坊さんの寺、
江戸時代までは神仏習合が許されていたそうなので)があります。
そこの塀沿いにお地蔵様が並んでいます。


神社の中にお地蔵様、なかなか変わった光景です

石畳に降りそそぐ木洩れ日が、涼しさを誘います。
この日は夜浦和レッズの試合があったので、必勝祈願もしました。


少し前寄りすぎました、石畳の模様とかはそのままですね


手を清め、ついでに顔も洗わせてもらいました、試合は引き分けに終わったので
御利益はまあまあ(失礼)というところでしょうか

暑い中戻るのはイヤでしたが、仕方ありません。
最後に境内から見下ろした、焼けつく道路を撮って終了。


劇中と同じく、麓の山手通りは工事中でした(首都高中央環状線の
工事だそうです、間もなく開通予定)

本当は参宮橋駅にも立ち寄って、春に撮り逃した写真をおさえる
つもりだったんですが、ここで体力の限界が来て断念。
新宿駅へと撤退しました。


新宿行きホームは、券売機のみの愛想のない改札口、
反対側に駅舎があったようですが、もはや撮りに行く元気はなし


この日は「東京湾大華火祭」があったため、浴衣姿の女性が目立ちました

このあと埼京線で浦和まで移動しましたが、
暑い中水分補給が不十分だったようで、足がつってきました。
あわててネットカフェへ飛びこみ、座敷席で仮眠。
睡眠不足も重なっていたようで、かなり危険な状態だったようです。
みなさんも真夏の聖地巡礼は、カラダに十分気をつけましょう。


小田急新宿駅の改札口、ここは人が多くて苦労しました

 

この日の巡礼はこれにて終了。
埼玉スタジアムでの試合後、新宿にとんぼ返りして、
信濃大町・白馬方面へと向かう夜行快速「ムーンライト信州」
乗り込みました。久しぶりの夜行連泊、体力の限界が近づいてきていましたが、
残る「おねがい」シリーズの舞台、木崎湖での撮影が残っています。
風光明媚な大糸線の風景に思いをはせながら、混み合う車内で
眠りにつきました(次回最終回)。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。