So-net無料ブログ作成
検索選択

夏のマンガ祭り三本立て その6~「秒速」「雲の向こう」ロケ地補完計画 破の巻 [はるばる来たねロケ地巡り(秒速5センチメートル)]

題名がなんで「夏のマンガ祭り~」なんだというツッコミは
軽く受け流して(オイ)、ちょうど2か月ぶりに更新再開です。
季節は夏から秋になり、私もどこまで更新したかわからなくなるほどでした。
楽しみに待ってくれていた方、お待たせして申し訳ありませんでした。

前回は新宿に到着したところまで更新してました。
新宿と言えば、「秒速5センチメートル」第1話で、明里に会いに行く貴樹が、
初めてのひとり大旅行(彼にとっては)に出発するターミナル駅です。
また「雲のむこう、約束の場所」でも、オープニングで津軽へと旅立つ浩紀が
利用した駅でもあり、新海誠監督の作品には欠かせないロケ地です。


東京にお住まいの方ならおなじみ、西口にある券売機です、
この日は青春18きっぷだったので、利用することはありませんでした
 


新宿から岩舟までは1620円(近距離きっぷの最高額)、
この地図にもギリギリ掲載されています(それ以上の距離だと券売機では買えません)

そのまま改札口に近づくと、「雲のむこう」OPの場所にすぐ気がつきました。


とにかく人が多い改札口、乗車人数JR東日本第1位というのもうなずけます

ここでは駅構内に入らず、西口を出たところのタクシーのりば近辺を、
ロケ地を求めて歩き回りました。このあたりはまだ屋根のあるところだったので
良かったんですが・・・。


最近は利用者も減り(私は旅先ではまだ使いますが)、ヒマを持て余し気味の
公衆電話たち、これだけズラッと並ぶと不気味ですね


「秒速」にしっかり登場、劇中では人通り少ないですが、実際は
前を通る人が多く、撮影は大変でした

続いて、「秒速」第3話でサラリーマンになった貴樹が、
疲れたカラダを引きずって向かう小型タクシーのりばです。 


同じような場所がとなりにもあり、一瞬間違えそうになりました
(上にかかっている案内板と、タクシー回転用の高架道路が目印です)


関西ではタクシーのりばに人が並ぶことも少なくなりましたが
それぐらいどこも景気悪いです)、東京では今もこんな光景が見られるのかな?

ここで「秒速」とはしばらくお別れ。
暑いのでできるだけ地上に出ないようにしながら、西口を線路に沿って北上。
途中SDカードが底をつき(高解像度で撮りすぎました・・・)、近くにあった
ビックカメラで補充するはめに。旅先ではこういう思わぬ出費がありますねえ。
続いては「雲のむこう」で岡部と富澤が、大学での講演の帰りに
新宿で一杯ひっかけるシーン。新宿パレットビルと靖国通りの間の
新宿西口商店街(通称「思い出横丁」「焼き鳥横丁」)です。


まだ午前中なので、当然シャッターが下りて静かな飲み屋街でした


新宿パレットビル前の道を、ほんの少し商店街の中に入ったところから、
真南を向くとパレットビルが見えます

この路地を出たところを左に曲がると、東口への連絡地下通路が見えます。


大阪の新今宮あたりに雰囲気が似てますね、このまま道なりに進んでいくと・・・


「雲のむこう」ファンにはおなじみの地下通路に入ります、
昼間でしたので、かなりの通行量がありました(自転車もすごいスピードで
通り抜けていくので、
撮影時にはじゅうぶんお気を付けください)


夜にここを一人で通るのは度胸がいりますね

二人が呑んでいた、年季の入った飲み屋のモデルもこのあたりに
あるのでしょうが、時間が時間だったので確かめようがありませんでした。
通路を進み、そのまま東口へ出ます。


岡部と富澤も同じ風景を歩いていました(工事中のところもありましたが)

劇中では雨降り


「笑って○○とも」で日本中におなじみの、新宿アルタビルです
(このときビルの電光掲示板に「気温34℃」と表示されてました・・・)

太陽がギラギラ照りつける東口を、靖国通り方面へ歩いていきます。
「新宿大ガード東」交差点付近から、JRの高架の方を向くと、
この風景に出会えました。 


上映当時と看板は掛け変わっています(ここにあったヨドバシカメラ
新宿西口大ガード店はすでに閉店)、ちょうど埼京線の電車が通過しました

ここまで1時間ほど歩いただけですが、汗びっしょりです。
あとでネットで調べたら、この日は関東地区でこの夏一番の暑さだったそうな。
天気が安定してて、光の量も申し分ない夏が、ロケ地探訪には一番いいんですが、
最近の夏は病的に暑いので、身体が持ちません。 

さっきの地下通路を戻り、


最寄りの新宿西口駅から、都営地下鉄大江戸線に乗車

普段は乗るのが面倒な地下鉄ですが、こう暑いとオアシスに見えます。
2駅揺られて、西新宿5丁目駅で下車。ここは東京に出てきた浩紀が、
孤独をまぎらわすために、人を待つふりをして一人たたずんでいた場所です。


昼間でも薄暗く(かなり地下深くなので)、こんなところで何時間も立ってると
それだけで気が滅入りそうです


劇中でもっとも重苦しいシーンのひとつですね


通称「清水橋駅」、昔神田川に架かっていた橋の名前だそうです 

地上に出て、引き続き「雲のむこう」のロケ地探訪続行です。
北通りを少し東へ進むと、「熊野神社前」という交差点に出ます。
そこを北へ曲がってしばらく歩くと、西新宿の古い街並みが見えてきます。

交差点から都庁を望む


「梅月湯」という銭湯付近からヒルトン東京を見るとこんな感じです


だいぶ再開発が進んでいて、これ以外のロケ地は発見できず

あと浩紀の高校時代の寮のモデルとおぼしきアパートも発見。
入り口の壁の形が独特なのですぐにわかりました。
中にはもちろん入れませんし、個人の方がお住まいなので場所は控えます。
みなさんも自力で探してみてください。


ガラス戸に変な人が写り込んでますが、気にしないでください(笑)

暑いですが、電車賃がもったいないので一駅歩くことに。
まあとなりの都庁前まで2~300mほどですし。
議事堂通りを抜け、都庁前駅出口付近にある、新宿住友ビルに向かいました。
ここは「秒速」第3話で、新宿駅から重い足取りで歩いてきた貴樹が、
雪の降り始めた空を見上げる、印象的なシーンで使われました。 


駅や中央通りを挟んで、向かい側は有名な東京都庁です

ここは高層ビルが所狭しと建ち並び、地方在住の私などには
「大都会東京」を改めて実感できる場所です。
しかしアスファルトや窓ガラスの照り返しが・・・真夏に来るところではありません。

少し寄りすぎましたね

30年以上前に建設された、かなり古い部類に入る超高層ビルですが、
最近のガラスを多用した洒落たビルとは違い、機能重視・武骨な外観が
いかにも「超高層ビル」
という感じがして、このときの貴樹の寒々とした心境を、
よく表している場所かも知れませんね。 


「NORITZ」の窓ガラスを目印に撮影しましたが・・・逆でした

そのまま視線を上に向けると、貴樹が見上げた東京の狭い空が見えます。
私も東京に両親と弟が住んでいますが(事情があってみな向こうに移住)、
交通が便利なこと以外は、空気は悪いし住みにくいとみな口をそろえて言います。
私は年に3~4回行く程度なので、便利で刺激的なところだなあ、という
割と肯定的な意見を持っているのですが、やっぱりずっと住むとなると・・・。 

かなり圧迫感がある場所です

そのあと中央通り沿いへと進み、新宿駅へと戻る道すがら、またロケ地発見。
ここは映画やドラマのロケでもよく使われてる気がします。 


白い三角形の地下道入り口が印象的です、夏ですので木が茂ってちょっとわかりにくい

ここから新宿駅西口まで、地下通路が通じているので、
灼熱地獄の地上からあわてて待避しました。けっこう距離がありましたが、
スタートした西口改札までようやく戻ってこられました。
全行程2時間ぐらいだったでしょうか。今思えば、あの暑い中よくやったなあ。 

新宿駅サザンテラス口

西口改札から青春18きっぷで入場し、山手線ホームを歩いて、
サザンテラス口へと抜けました。ここは小田急線の線路の上に、
人工地盤でテラスを造り、その上に商業施設が建ち並ぶ、なかなか
壮観なところです。 緑もふんだんに取り入れてあって、ビルの影にも
入れたので涼しかったですしね。ここからは、「秒速」ラストシーンで
貴樹がボーッと見つめていた、タカシマヤタイムズスクエアや
NTTドコモビル
(前来たときに参宮橋から見たタワー)が一望できます。


眼下には工事中の新駅ビルや高速バスターミナルが見えていました、
10年もしないうちにここからの風景は一変しそうです

他にもいろいろ興味深い風景が見られました。ざっとご紹介。

JR東日本本社ビル(でけー)


クリスピー・クリーム・ドーナツ1号店(この日も1時間待ち、暑い中お疲れ様です)


新宿跨線橋・小田急デパート・ルミネ方面を望む、ひっきりなしに電車が出入りしてました

サザンテラスを南に進んでいくと、地上に降りる階段があります。
ここを降りたところにある小田急線の踏切が、「秒速」で登場しました。 


サザンテラスのにぎわいとはうって変わって、ひっそりとしています


車通りはかなりあります、ご注意を

「秒速」で貴樹と明里が小学生時代を共にした、小田急小田原線沿線。
私も何度か通いましたが、都心に近いですが落ち着いた場所が多く、
撮影もしやすいのでお気に入りの場所です。
その小田急が新宿駅を出発して最初に通過する踏切、新宿1号踏切が、
山崎まさよしの「One more time, One more chance」が
バックに流れるラストシーンで使われています。
私が特に好きなシーンだったので、何とか探し当てられて嬉しかったです。


ひっきりなしに電車が通過します、撮影は慎重にやりましょう

消火栓の場所が変わっていました

これでようやく午前の部終了。
高崎に着いたのが5時過ぎ、けっこうな時間が経ってますが、
まだお昼過ぎです。お昼からは小田急線沿線の再探訪が
待っていますので、十分休憩をとってから向かうことにしました。 


真綾さんのアルバム企画で盛りあがった、トラベルカフェ
ここにもありました(サザンテラスの端っこにあるのでけっこう空いています)


暑いのでサンドイッチとアイスコーヒーで軽めに、
ちょうど航空会社「スターフライヤー」とのコラボ企画中でした

新宿駅に戻る途中に、宮崎県のアンテナショップ「KONNE」(こんね)があり、
「秒速」第2話で登場した九州ローカル飲料、「ヨーグルッペ」が売ってました。
残念ながら紙パックではなく、缶入りでしたが。


味はヤクルトよりも酸味が強くて、しっかり甘い感じでした
(この会社、「スコール」なども作っているそうです)
店内は東国原知事効果で、めちゃめちゃ混んでました、すごいもんですね
 

このあとは小田急線に揺られて、豪徳寺・代々木八幡・参宮橋
はしごしました。体力的にかなりきびしいロケ地探訪でしたが、
それはまた次回に(まだつづく)。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

彰おじ

明里が婚約者と待ち合わせをしていたサザンテラスが
もうクリスマスイルミネーションで飾り付けられていました。
by 彰おじ (2007-11-14 10:51) 

tank

情報ありがとうございます。
今から東京方面へ向かうので、時間があれば
眺めてきたいと思います。
by tank (2007-11-14 12:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。