So-net無料ブログ作成

長崎のsolaは雨だった その4~ 眼鏡橋と水辺の森公園編 [はるばる来たねロケ地巡り(sola編)]

「sola」の第2巻がもう自宅に届いてしまいました。
急いで更新してしまいましょう。中華街をあとにして、築町電停から
5系統の市電に乗り込みます。ここはいろんな系統の市電が
絶えず行き交うところで、乗り間違いには注意です。

やって来たのは超低床の3000形

3駅乗った賑橋(にぎわいばし)という電停で下車。
眼鏡橋へお越しの方はこちらで・・・」というアナウンスが流れるので
安心です。相変わらず雨は降ったり止んだりです。

第1話OPで登場の眼鏡橋

FM長崎の前を通り、川沿いの道へ出ると、いきなり目の前に
表通りとは別世界の、落ち着いた雰囲気の風景がひろがります。

眼鏡橋、ちゃんと渡れます(歩行者専用)

ビルが建ち並ぶ中でも、水辺があると落ち着きます 

アニメでは茉莉が川沿いの石畳を歩いています。
あのシーンは架空のものかと思っていたら、ちゃんと階段があって、
川沿いに降りられるようになっています。早速行ってみよう!と思ったら・・・

雨で増水して水没してました(笑) 

辻堂が繭子を迎えに行ったシーン 

せっかく来たのに、アニメと同じシーンが撮れないのは悔しいので、
何とか降りられないかと橋の反対側を見てみると、少し高くなっているところが
あって辛うじて歩けそうです。ブーブー言うヨメを連れて、滑りやすい階段を
下っていきます。一段一段が高くてけっこう危なかったです。


もう少し引いて撮れれば良かったのですが、傘を差しながらで余裕が・・・


一応OPの同じシーン、あまり雨が降るとこういう風には歩けないかな?

パシャパシャ写真を撮っていると、目の前に合鴨クンが
デンと居座っておりました(笑)
カメラを向けてもなかなか逃げません。
しばらくすると川に飛び込んで、悠々と向こう岸へ渡っていきました。
眼鏡橋の架かる中島川、この日は増水の影響で濁ってましたが、
普段は澄んだ流れで、自然豊かなところなんでしょうね。

すいません、お邪魔しました


水面がおだやかな時は、橋の姿が映って、メガネのように見えるらしいのですが・・・
天気が悪い中、そばで見られただけでも良しとしましょう

雨もだんだん強くなってきたので、ここでいったん長崎駅に
戻ることにしました。すぐそばに電停があるので、ホント便利です。
築町で乗り換え、長崎駅前に10分ちょっとで到着。

ここからこの日泊まる「スパリゾートホテルイオス」への
無料送迎バスが30分おきに出ているので、とりあえずホテルに
チェックインすることにしました。朝から歩きづめでけっこう疲れたので。
ヨメも慣れない寝台車の疲れが出て、「早く温泉入りたい~」と
ぐずっていましたし(笑)


10分ほどで稲佐山中腹にあるホテルに到着、稲佐山のロープウェイ
「sola」で登場しましたが、この日は悪天候で残念ながら運休でした(泣)

 

ヨメは温泉、私は冷房の効いた部屋で昼寝したおかげで、
すっかり元気を取り戻し、夕食も兼ねて「長崎水辺の森公園」へ。
「sola」ファンの方なら、もちろんご存じですよね。

「チキンラーメン号」が走ってました

午後6時にレストランを予約していたので、5時過ぎの送迎バスで
長崎駅へ。1系統-5系統と乗り継ぎ(築町で無料乗り継ぎ可)、
築町のとなりの市民病院前電停で下車。横断歩道を渡ったところに、
この日最後のロケ地・水辺の森公園が見えてきました。

真名がバイトしてるレストランです 

劇中と同じく、シーフードが美味しいお店のようです 

最初満席で断られたのですが、どうしても行きたかったので、
キャンセル待ちをお願いしたところ、この悪天候でキャンセルが出たらしく、
無事に入店できました。せっかくレストランに来て、外から写真撮るだけでは
何だか寂しいですしね。劇中ではファミレス風の店内でしたが、
実際はおしゃれで落ち着いたレストランでした。

照明をうまく使ってあたたかな印象


となりではビヤガーデンもやってました。晴れた日は庭に出て、
水辺の風に吹かれながらビールを楽しめるようです
 

「本日の肉料理ディナーセット」(2100円)を注文。
辻堂に「ここはシーフードが・・・」とつっこまれそうですが、
繭子みたいなヨメが「肉食べたい」というのでそうしました。 

別に説教はされませんでしたよ(笑) 


これがゴトゥーザ様がハルヒのラジオで言っていた「ヴィシソワーズ」か!!
冷たいポロネギ風
味のジャガイモのポタージュスープ、美味しかったです

前菜・スープ・メインの肉料理(骨付き子羊)・ご飯・デザート・コーヒーと、
劇中のファミレスセットとは似ても似つかぬメニューでしたが、
味・量とも満足しました。ヨメに「こんなお店どうやって見つけたん?」と
聞かれました。「sola」で登場したとも言いにくいので、適当に探して
見つけたと言っておきましたが(笑)


「男って、これぐらい強く言わないとわかんないのよ」
そうですね、私もよくヨメに説教されます・・・


男一人ではかなり入りづらい雰囲気でした(笑)ヨメが居てくれて良かった 

満足してお店を後にし、せっかく来たので海沿いに行ってみることにしました。
でも風がきつくて、歩くのがやっとの状態。海沿いらしく、小さいカニが
いっぱい歩く遊歩道を抜け、どうにか公園へ。 
茉莉と依人が出会った自販機の辺り(実際設置されてはいないそうです)まで
行きたかったのですが、折りたたみ傘ではとてもたどり着けそうになく
(ほどなく風で全壊)、片手でそれらしき風景をカメラに収め、退散しました。


芝生は水が浮いてグチョグチョ、こう雨が続いては仕方ありません


海沿いの照明灯の下辺りだと思われます


依人が雨をしのいだ展望台のようなところは、実際にはありません。
ちょうどその辺りに建っていた、「風のガゼボ」というドーム

傘が壊れたので、けっこう濡れてしまいました。
早く温泉につかりたいので、急いで電停へ。完全に日が沈むまで
待ちたかったんですが、こう天気が悪くては。最後にアニメでも
登場するアングルで水辺の森公園とはお別れです。


長崎は西の果てなので、夜7時過ぎでもこの明るさ 

しまった、逆からでした(爆)

長崎駅ではちょうど京都へと旅立つ上り「あかつき」にバッタリ。
元来た道を、再び13時間かけて戻っていく車両達。働き者の彼らに
心の中で敬礼をして見送りました。
ようやく日の沈んだ長崎市内を通り、またホテルへと戻ります。
ホテルの窓から眺めた夜景は、それはそれは美しいものでした。


乗る人も見送る人も少なく、ちょっぴり寂しげな「あかつき」 

曇っていましたがよく見えました

翌日は大浦天主堂やグラバー園に行きました。ここも「sola」では
重要なシーンに数多く使われていますね。お楽しみに(つづく)。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

J

はじめまして。「sola 長崎」でぐぐってたどり着きました。
かなり面白かった作品なので今更ながらはまっています。
奥様にはsola目的で来たとか伝えてあるのでしょうか?
それにしても写真の撮り方がほんとうまいですね。
by J (2009-01-21 17:32) 

tank

コメントありがとうございました。
長崎に行ったのはずいぶん前なので、懐かしく思い出されます。
今は仕事を代わり、忙しくなったためこのときのような遠出が
しづらくなってしまいました。寝台特急「あかつき」も昨年ついに
廃止されてしまいました。

更新放置中ですが、近日中に再開予定ですので。
ヨメにはもちろん伝えていません(笑)。
このときはとにかく旅費を浮かせたくて、
スポンサー様に泣きついたもので・・・。
写真は、アニメと同じアングルだけだとつまらないので、
なるべく実際の舞台の様子が伝わるように心がけています。
気に入っていただけて幸いです。
by tank (2009-01-28 00:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。